プライバシーポリシー リンク 入会のご案内
トップページ 理事長挨拶
理事長挨拶
理事長挨拶
事業内容
ふくせんの歩み
名簿
役員名簿
ブロック長名簿
賛助会員名簿
定款・倫理綱領
定款
倫理綱領
設立趣意
設立趣意書
発起人名簿
愛称&シンボルマーク公募結果

福祉用具・住宅改修は、2000年4月の介護保険制度創設時より居宅サービスの一つとして位置づけられ、利用者が住みなれた自宅で、自立した生活を継続していけるよう生活機能の維持・改善や介護者の負担の軽減を図る役割を担っています。

2006年度改正における軽度者への利用適正化の影響下を除き、福祉用具貸与サービスの利用者数は年々増加を辿り、居宅介護支援に次ぐ、多くの利用者に必要とされる社会資源として普及しています。
この普及の背景には、福祉用具・住宅改修事業者による全国均一的にサービス供給を行える基盤構築とともに、現場におけるサービス提供の担い手である福祉用具専門相談員の存在が大きく寄与していると言っても過言ではないでしょう。

福祉用具専門相談員とは、介護が必要な高齢者が福祉用具を利用する際に、本人や家族の希望と心身の状況、その置かれている環境等を踏まえ、専門的知識に基づいた福祉用具を選定し、自立支援の観点から使用方法等を含めて適切な助言を行う専門職です。

この専門職の職能団体として、全国福祉用具専門相談員協会(以下、愛称:ふくせん)は、福祉用具専門相談員の専門性の向上と社会的地位の確保を目指し、2007年7月に設立されました。

ふくせんは、設立以降、福祉用具専門相談員の資質向上に向けた研修事業、国の政策的な課題解決に向けた調査研究事業とその事業を踏まえた政策提言、福祉用具の有効性や福祉用具専門相談員の専門性、役割等の広報事業を継続して行っています。

2019年4月には、住環境整備に精通したFJC(福祉住環境コーディネーター)会員を新たな仲間に加え、国が目指す地域包括ケアシステムの5つの構成要素である「住まいと住まい方」の課題を解決できる職能団体としての更なる進化を遂げようとしています。

今後、介護サービス需要は更なる増加と多様性が想定されています。利用者の「住まいと住まい方」は多様化し、その心身状況は刻々と変化していきます。だからこそ住み慣れた自宅での日常や家族との時間といった利用者の想いに寄り添い、培った経験と研鑽を続けた専門性をもって「住まいと住まい方」への支援を続ける福祉用具専門相談員は、これからの日本の社会に貢献できる可能性を秘めています。その専門性の追求と普及、発展に向けて、ふくせんはこれからも協会活動を続けてまいりますので、ご支援を宜しくお願いいたします。

一般社団法人 全国福祉用具専門相談員協会
理事長 岩元 文雄
〒108-0073 東京都港区三田2-14-7 ローレル三田404
Tel:03-5418-7700 Fax:03-5418-2111 Email:info@zfssk.com
事務所の地図はこちら