全国福祉用具専門相談員協会
NEWS & INFORMATION
[2017/03/13掲載]
NEW ■活動紹介を更新しました(福岡県ブロック)
福岡県ブロックの活動内容を掲載しました。
ぜひご覧ください。
活動紹介ページは
こちら

[2017/03/10掲載]
NEW ■【傍聴資料】全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議

3月10日、厚生労働省は、
全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議を開催しました。
<議題>
(1)地域包括ケアシステムの強化のための介護保険法等の一部を改正する法律案について
(2)第7期計画の策定準備について
(3)介護施設等の整備及び運営について
(4)介護保険制度(地域支援事業)の改正について
(5)介護職員処遇改善加算の拡充について
(6)認知症施策の推進について
(7)居宅介護支援事業所に対する指定等事務の円滑な引継ぎについて
(8)その他

ふくせんレポート(速報)を会員専用ページに掲載しています。

当日の会議資料についてご興味のある方は
厚生労働省ホームページよりダウンロードしてください。

厚生労働省 ホームページ
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000154636.html


[2017/02/28掲載]
NEW ■【傍聴資料】第71回介護保険部会

2月27日、厚生労働省は、
第71回社会保障審議会介護保険部会を開催しました。
<議題>
(1)基本指針について
(2)その他

ご興味のある方は厚生労働省ホームページより
当日の会議資料をダウンロードしてください。

厚生労働省 ホームページ
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000153161.html


[2017/1/24掲載]
NEW ■【資料】全国厚生労働省労働関係部局長会議

平成29年1月19日・20日に、
全国厚生労働省部局長会議が
開催されました。
厚生分科会:第1日目(5)老健局の資料に
福祉用具に関する記載があります。

ご興味のある方は厚生労働省ホームページより
当日の会議資料をダウンロードしてください。

厚生労働省 ホームページ
http://www.mhlw.go.jp/topics/2017/01/tp0117-1.html


[2017/01/19掲載]
NEW ■【傍聴資料】第135回介護給付費分科会

1月18日、厚生労働省は、
第135回社会保障審議会介護給付費分科会を開催しました。
<議題>
1.平成29年度介護報酬改定に係る諮問について
2.その他

ご興味のある方は厚生労働省ホームページより
当日の会議資料をダウンロードしてください。

厚生労働省 ホームページ
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000148990.html


[2016/12/28掲載]
■【傍聴資料】第134回介護給付費分科会

12月28日、厚生労働省は、
第134回社会保障審議会介護給付費分科会を開催しました。
<議題>
1.平成28年度介護事業経営概況調査の結果について
2.平成29年度介護事業経営実態調査の実施について
3.その他

ご興味のある方は厚生労働省ホームページより
当日の会議資料をダウンロードしてください。

厚生労働省 ホームページ
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000147541.html


[2016/12/19掲載]
■活動紹介を更新しました(意見書採択)
活動紹介ページに詳細を掲載しております。
ぜひご覧ください。
活動紹介のページはこちら

[2016/9/12掲載]
■ <イベント情報>ふくせん主催:「福祉用具サービス計画作成“スーパーバイザー”(SV)養成研修」(東京会場のみ開催:29年1月20・21日)

本会主催による本研修を本年度も開催いたします。
過去2年のSV研修修了者による講師派遣要望も
多数頂き、徐々に周知されてまいりました。
福祉用具専門相談員の指定講習会やケアマネジャー
の更新研修など、地域で福祉用具サービス計画作成
の講義・指導ができる福祉用具専門相談員の養成を
目指し、研修会を開催します。

≪東京会場のみ≫
日時:平成29年1月20日(金)・21日(土)
場所:お茶の水ケアサービス学院
参加費:¥15,000(テキスト代含む)
詳細は研修会・イベントページをご確認ください。
http://www.zfssk.com/event/index.php

※本件集は研修ポイント申請中です。
研修ポイント会員の方は登録後申請をお願いします。
また研修ポイント会員にお申し込みでない方は
ぜひ入会をご検討ください。
詳細はこちらをご覧ください


[2016/12/12掲載]
■【資料】介護保険制度の見直しに関する意見

平成28年12月9日付けで、社会保障審議会介護保険部会において
「介護保険制度の見直しに関する意見」が
取りまとめられましたのでお知らせいたします。

ご興味のある方は厚生労働省ホームページより
当日の会議資料をダウンロードしてください。

厚生労働省 ホームページ
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000145517.html


[2016/12/09掲載]
NEW ■【傍聴資料】第70回介護保険部会

12月9日、厚生労働省は、
第70回社会保障審議会介護保険部会を開催しました。
<議題>
(1)介護保険制度の見直しに関する意見(案)について
(2)その他

ふくせんレポート(速報)を会員専用ページに掲載しています。
ぜひご確認ください。

また、ご興味のある方は厚生労働省ホームページより
当日の会議資料をダウンロードしてください。

厚生労働省 ホームページ

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/shingi-hosho.html?tid=126734
[2016/11/27掲載]
NEW ■【傍聴資料】第69回介護保険部会

11月25日、厚生労働省は、
第69回社会保障審議会介護保険部会を開催しました。
<議題>
(1)とりまとめに向けた議論
(2)その他

ご興味のある方は厚生労働省ホームページより
当日の会議資料をダウンロードしてください。

厚生労働省 ホームページ
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000143913.html


[2016/11/21掲載]
NEW ■活動紹介を更新しました(静岡県ブロック)
静岡県ブロックの活動内容を掲載しました。
ぜひご覧ください。
活動紹介ページは
こちら
[2016/11/16掲載]
NEW ■【傍聴資料】第68回介護保険部会

11月16日、厚生労働省は、
第68回社会保障審議会介護保険部会を開催しました。
<議題>
(1)在宅医療・介護の連携等の推進
(2)その他

※なお、福祉用具サービスに関する議題等はありませんでした。

ご興味のある方は厚生労働省ホームページより
当日の会議資料をダウンロードしてください。

厚生労働省 ホームページ
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000143067.html


[2016/11/2掲載]
NEW ■〈イベント情報〉ふくせん京都府ブロック研修会(開催日:11月29日)

11月29日(火)にふくせん京都府ブロック主催による研修会を
18時00分から20時00分で開催いたします。
テーマは、「車椅子の採寸及びオーダー表作成」、当会賛助
会員の車いすメーカー3社(日進医療器、松永製作所、ミキ)に
ご協力いただき、実際に採寸、オーダー表の作成まで行います。

車いすの採寸は福祉用具を取り扱う者にとって基本中の
基本です。研修会に参加して勉強してみませんか?
メジャー持参でふるってご参加ください。
お申込はお早めに!

日 時/11月29日(火) 18時00分〜20時00分
場 所/(有)スマイルケア 2F 展示場 
参加費/無料
研修会・イベントページはこちらをご覧ください。

※本研修は研修ポイント申請中です。
研修ポイント会員の方は登録後申請をお願いします。
また研修ポイント制度に登録されいない方は、この機会に
ぜひご登録をご検討ください。
詳細はこちらをご覧ください。


[2016/10/19掲載]
NEW ■【傍聴資料】第67回介護保険部会

10月19日、厚生労働省は、
第67回社会保障審議会介護保険部会を開催しました。
<議題>
(1)利用者負担
(2)費用負担
(3)その他

ふくせんレポート(速報)を会員専用ページに掲載しています。
ぜひご確認ください。

また、ご興味のある方は厚生労働省ホームページより
当日の会議資料をダウンロードしてください。

厚生労働省 ホームページ
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000140142.html


[2016/10/12掲載]
■【傍聴資料】第66回介護保険部会
10月12日、厚生労働省は、
第66回社会保障審議会介護保険部会を開催しました。
<議題>
 (1)軽度者への支援のあり方
(2)福祉用具・住宅改修
(3)その他

ふくせんレポート(速報)を会員専用サイトでご覧いただけます。
ぜひご確認ください。

また、ご興味のある方は厚生労働省ホームページより
当日の会議資料をダウンロードしてください。

厚生労働省 ホームページ
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000139430.html


[2016/10/5掲載]
NEW ■活動紹介を更新しました(長崎県ブロック)
活動紹介(長崎県ブロック)を更新しました。
ぜひご覧ください。
活動紹介ページはこちらから

[2016/10/4掲載]
NEW ■【注意喚起】「高さ調節ができる入浴用いすの脚の破損」について
独立行政法人国民生活センター(商品テスト部)では、
「高さ調節ができる入浴用いすの脚の破損に注意」を
テーマにテストが実施されました。その結果について
情報提供いたします。サービス計画書交付時や納品時等
の注意事項としてご活用ください。

詳細については、以下国民生活センターのホームページ
をご参照下さい。

http://www.kokusen.go.jp/test/data/s_test/n-20160915_2.html
[2016/10/4掲載]
NEW ■【注意喚起】「高齢者の製品事故にご注意ください -介護ベッド、電動車いす、温水洗浄便座-」について

独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE ナイト)に
通知された製品事故情報によると、高齢者による介護ベッド
や電動車いす、温水洗浄便座の製品事故は平成23年度〜
平成27年度の5年間に97件(介護ベッド53件、電動車いす
28件、温水洗浄便座16件)ありました。
このうち、介護ベッドは約3割(18 件、34%)、電動車いすは
約4割(12件、43%)が、いずれも使い始めてから1年未満に
発生しています。
サービス計画書交付時やモニタリングの必要性等を説明
する際にご活用ください。

詳細については独立行政法人製品評価技術基盤機構
(NITE ナイト)のホームページをご覧ください。

http://www.nite.go.jp/jiko/chuikanki/press/2016fy/prs160915.html
 


[2016/10/4掲載]
NEW ■活動紹介を更新しました(韓国視察団への対応)
活動紹介(韓国視察団への)を更新しました。
ぜひご覧ください。
活動紹介ページは
こちらです。
[2016/09/26掲載]
NEW ■【傍聴資料】第12回介護報酬改定検証・研究委員会

9月23日、厚生労働省は、
第12回介護報酬改定検証・研究委員会を開催しました。
<議題>
1.平成27年度介護報酬改定の効果検証及び調査研究に係る調査(平成28年度調査)の調査票等について
2.その他
※なお、福祉用具サービスに関する議題等はありませんでした。

ご興味のある方は厚生労働省ホームページより
当日の会議資料をダウンロードしてください。

厚生労働省 ホームページ
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000137217.html


[2016/09/23掲載]
NEW ■【傍聴資料】第64回介護保険部会

9月23日、厚生労働省は、
第64回社会保障審議会介護保険部会を開催しました。

<議題>
(1)保険者等による地域分析と対応
(2)介護保険総合データベースの活用
(3)サービス供給への関与のあり方
(4)ケアマネジメントのあり方
(5)その他

ご興味のある方は厚生労働省ホームページより
当日の会議資料をダウンロードしてください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000137709.html


[2016/09/08掲載]
■【傍聴資料】第63回介護保険部会

9月7日、厚生労働省は、
第63回社会保障審議会介護保険部会を開催しました。
<議題>
(1)介護人材の確保(生産性向上・業務効率化等)
(2)保険者の業務簡素化(要介護認定等)
(3)認知症施策の推進
(4)その他
※なお、福祉用具サービスに関する議題等はありませんでした。

ご興味のある方は厚生労働省ホームページより
当日の会議資料をダウンロードしてください。

厚生労働省 ホームページ
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000136021.html


[2016/9/2掲載]
■活動紹介を更新しました(書籍の紹介)
活動紹介(書籍の紹介)を更新しました。ぜひご覧ください。
活動紹介はこちらをご覧ください。

[2016/9/1掲載]
■〈イベント情報〉ふくせん兵庫県ブロック研修会(講師:金沢善智氏・開催日:10月4日)

10月4日(火)にふくせん兵庫県ブロック主催による
研修会を13時40分から16時20分で開催いたします。
講師は本会理事であり、潟oリオン介護環境研究所
所長の金沢善智氏。
内容は、5月に開催した研修会「福祉用具サービス計画書
作成研修」に続く第2弾となる「福祉用具の『モニタリング』
について」。
日頃作成しているサービス計画ではありますが、
今財政審でも問われている「福祉用具専門相談員の
質の向上」のため、今一度原点に戻って日々の業務の
確認をする研修内容となっております。
会員に限らず非会員の方もぜひこの機会にサービス計画書
作成の基本に戻り、研修会に参加して勉強してみませんか?
ふるってご参加ください。お申込はお早めに!

日時/10月4日(火) 13時40分〜16時20分
(受付開始:13時から)
場所/こうべ市民福祉交流センター 303号室 
参加費/¥3,000(※ふくせん会員は¥2,000)
詳細は研修会・イベントページをご確認ください。
研修会・イベントページはこちらをご覧ください。

※本件集は研修ポイント申請中です。
研修ポイント会員の方は登録後申請をお願いします。
また研修ポイント会員にお申し込みでない方は
ぜひ入会をご検討ください。詳細はこちらをご覧ください。


[2016/09/01掲載]
■【傍聴資料】第62回介護保険部会
8月31日、厚生労働省は、
第62回社会保障審議会介護保険部会を開催しました。
なお、福祉用具サービスに関する議題等はありませんでした。

ご興味のある方は厚生労働省ホームページより
当日の会議資料をダウンロードしてください。

厚生労働省 ホームページ
社会保障審議会 資料

[2016/9/1掲載]
■お見舞い 台風10号による浸水や大雨による被害について

昨日、東北・北海道地方を中心に台風10号による
浸水や大雨等の甚大な被害が発生いたしました。

被災された皆様ならびに関係者の皆様に
お見舞い申し上げます。

厚生労働省からの通知等がございましたら
本会ホームページでも迅速に情報提供してまいります。

引き続き十分お気をつけください。


[2016/8/30掲載]
NEW ■「活動紹介」を更新しました
「活動紹介」鹿児島県ブロック協力のイベント開催を
更新しました。
ぜひご覧ください。

http://www.zfssk.com/act_detail.php

[2016/08/31掲載]
NEW ■〈イベント情報〉ふくせん大阪府ブロック研修会(講師:金沢善智氏・開催日:10月3日)

10月3日(月)にふくせん大阪府ブロック主催
(共催:大阪府地域福祉推進財団・関西シルバーサービス協会・
日本福祉用具供給協会大阪ブロック・近畿安寿会)
による「福祉用具サービス計画作成研修会」が
14時から16時で開催されます。講師は本会理事であり、
潟oリオン介護環境研究所所長の金沢善智氏。
内容は、沖縄県浦添市で実施された「指定福祉用具貸与
事業所の福祉用具貸与計画書等自己点検」をモデルにした
「福祉用具サービス計画作成研修会」。
会員に限らず非会員の方もぜひこの機会に
サービス計画書作成の基本に戻り、研修会に
参加して勉強してみませんか?ふるってご参加ください。
なお、定員70名となっていますので申込はお早めに!

日時/10月3日(月) 14時〜16時(受付開始:13時30分から)
場所/大阪府社会福祉会館 503会議室 

詳細は研修会・イベントページをご確認ください。
研修・イベントページはこちらをご覧ください。

※本件集は研修ポイント申請中です。
研修ポイント会員の方は登録後申請をお願いします。
また研修ポイント会員にお申し込みでない方は
ぜひ入会をご検討ください。
詳細はこちらをご覧ください。


[2016/8/19掲載]
NEW ■【傍聴資料】第61回社会保障審議会介護保険部会の資料を掲載しました。

8月19日(金)に開催された
第61回社会保障審議会介護保険部会の
一部資料を会員専用ページに掲載しています。
ぜひご確認ください。


議題 
(1)利用者負担 
(2)費用負担 
(3)その他




[2016/8/17掲載]
NEW ■古屋厚生労働副大臣を訪問いたしました(平成28年8月9日)

活動紹介ページに詳細を掲載しております。ぜひご覧ください。
活動紹介のページは
こちら


[2016/8/15掲載]
NEW ■〈イベント情報〉ふくせん青森県ブロックシーティング研修会(講師:大場薫氏・開催日:11月4日)

11月4日(金)に青森県ブロックのシーティング研修会が
10時から16時で開催されます。講師は宮城県介護研修
センター主任(作業療法士)の大場薫氏。
内容は、「車いすシーティングの実践」「各社クッション体験
と座圧評価」「モジュラー車いすの取り扱いと調整」など、
現場ですぐに使える内容となっているものです。
車いすの選定に自信をつけたい方、より専門的知識を
つけたい方、奥が深い車いすシーティング研修会にぜひ
ふるってご参加ください。
なお、定員30名となっていますので申込はお早めに!

日時/11月4日(金) 10時〜16時
場所/アピオあおもり 大研修室2 

詳細は研修会・イベントページをご確認ください。
研修会・イベントページはこちらをご覧ください。

※本件集は研修ポイント申請中です。研修ポイント会員
の方は登録後申請をお願いします。
また研修ポイント会員にお申し込みでない方はぜに入会を
ご検討ください。
詳細はこちらをご覧ください


[2016/8/15掲載]
NEW ■茨城県ブロックの活動内容を更新しました
茨城県ブロックの活動内容を更新しました。
ぜひご覧ください。
活動紹介ページは
こちら
[2016/8/15掲載]
NEW ■〈イベント情報〉ふくせん三重県ブロック研修会(講師:金沢理事:10月17日)
10月17日(月)に三重県ブロックの研修会が14時から17時で
開催されます。
講師は当協会理事で株式会社介護環境研究所所長の
金沢善智氏。
内容は、「自立支援に向けて〜福祉用具の導入と他職種との連携〜」。
福祉用具サービス計画書を適正に行う必要性、ケアマネジャー
がケアプランを作成する際の書き方、厚生労働省が掲げる
自立支援に向けての福祉用具の導入、ケアマネジャーとの
調整・他職種との連携の方法と盛りだくさんです。
ぜひふるってご参加ください。

日時/10月17日(月)
場所/14時〜17時
場所/じばさん三重5F 大研修室

詳細は研修会・イベントページをご確認ください
研修・イベントページは
こちら
[2016/8/8掲載]
NEW ■全国デイケア研究大会にふくせん会員が参加しました
全国デイケア研究大会2016in千葉における
「実践!多職種模擬リハビリテーション会議」に
ふくせん会員8名が参加しました。

グループワークの構成員は利用者本人、家族、医師、
理学療法士、作業療法士、言語療法士、居宅介護支援専門員、
看護士、それと福祉用具専門相談員(ふくせん会員)です。
医療関係者と在宅との「橋渡し」役として各グループ内でふくせん会員が
活発な提案を行いました。
当日の資料の一部を掲載します。
各地域でもこのようなリハビリテーション会議が行われるように働きかけ
していきましょう。


全国デイケア研究大会資料は下記PDFをご参照ください。

当日の会場写真

PDFをダウンロード
[2016/8/8掲載]
NEW ■ハンドル型電動車いす使用中の事故に関する報告書が掲載されました。

消費者庁よりハンドル方電動車いすの事故情報が掲載されています。
事故が起きた状況の詳細が記載されていますので、電動車いす選定時の
参考としてご活用ください。

消費者庁ホームページは
こちら

ハンドル形電動車椅子を使用中の事故資料(概要版)は下記PDFをご参照下さい
 


PDFをダウンロード
[2016/8/8掲載]
NEW ■リフトリーダー研修開催のご案内

リフトリーダー研修を熊本県ブロック、宮城県ブロック、青森県ブロックで開催します。
福祉用具専門相談員の選定力の「力量」を発揮できるのはリフト選定時です。
近隣の方、また遠方の方も連続した2日間なので、
ぜひふるってご参加ください。

詳細は研修・イベントページをご確認ください。
研修・イベントページは
こちら


[2016/7/20掲載]
NEW ■介護保険部会資料とふくせんレポート掲載しました
第60回介護保険部会
(議題 1.軽度者への支援のあり方
 2.福祉用具・住宅改修)の会議資料と
会議傍聴内容の報告となる
ふくせんレポートの速報版を
会員専用ページに掲載しました。
ぜひご覧ください。

[2016/7/11掲載]
NEW ■厚生労働省:調査研究事業が採択されました(福祉用具専門相談員の適正配置事業)

厚生労働省からの受託を受けて行う調査研究事業の採択が
決まりました。
今年度(平成28年度)は「福祉用具専門相談員の適正配置
に関わる養成モデル事業」となります。

事業目的は以下の通りです。

当事業では平成27年度に本会が「専門的知識、経験を有する
福祉用具専門相談員の配置に関する調査研究事業」において
実施した研修カリキュラム、受講要件、講師要件等についての
検討とその論点整理を足がかりとし、研修実施にあたり必要
な具体的方法論の検証、ガイドライン策定、受講者による現場
での伝達等に関する養成モデル事業を実施するものである。
(申請書より抜粋)
 
平成27年度の調整研究事業はこちらをご覧ください。
http://www.zfssk.com/sp/1302_chosa/2016_index.html


[2016/7/7掲載]
NEW ■ホームページ「活動紹介」を更新しました
ホームページ「活動紹介」を更新しました。
http://www.zfssk.com/act_detail.php

新潟県ブロックの活動内容を更新しました。
ぜひご覧ください。



[2016/7/5掲載]
NEW ■ホームページ「ふくせんレポート」更新しました
「ふくせんレポート第14号」を発行しました。
ぜひご覧ください。

<内容>
●バリアフリー2016
●平成28年度全国ブロック長会議開催

ふくせんレポート

[2016/7/5掲載]
NEW ■ホームページ「掲載記事」更新しました
去る6月29日におこなった本会の「平成28年度定時総会」では、
自民党政務調査会会長代理の田村憲久議員から祝電を賜ったほか、
公明党副代表の古屋範子議員が来賓としてお越しくださり、
福祉用具専門相談員に励ましのメッセージをいただきました。

公明新聞(6/30発行)に古屋議員のご挨拶が掲載されましたので、
ぜひご覧ください。

掲載記事

[2016/7/4掲載]
NEW ■ホームページ「活動紹介」更新しました(制度改正意見書提出について)
ホームページ「活動紹介」を更新しました。
http://www.zfssk.com/act_detail.php

財政制度等審議会では、軽度者(要介護2以下)の福祉用具利用を
原則自己負担化とする提案をしています。
本会では、福祉用具専門相談員の専門的知識のもと、
今後も継続して軽度者が福祉用具を利用できるよう、
各ブロックで働きかけをおこなっています。

各ブロックの働きかけを受け、軽度者の福祉用具利用の継続を訴える
意見書が、地方議会局から国へ提出されています。
「活動紹介」ページで紹介していますので、ぜひご覧ください。

また、各ブロックの総会や研修会の情報も掲載しています。
あわせてご覧ください。

[2016/7/1掲載]
NEW ■<会員各位> 御礼:平成28年度定時総会が無事終了しました
6月29日に本会の平成28年度定時総会が無事終了しました。
ひとえに会員、関係者各位のご協力のおかげと感謝しております。

諮った議案もすべて異議なく承認されました。
■第1号議案 平成27年度事業報告(案)に関する件
■第2号議案 平成27年度決算報告(案)に関する件
■第3号議案 役員選任(案)に関する件

詳細は、後日、ホームページ「活動紹介」および「ふくせんレポート」で
ご報告いたします。

まずは無事開催できたご報告と御礼まで。

ご出席いただいた皆様、運営のお手伝いをいただいた皆様、
委任状のご提出にご協力いただいた皆様、
重ねて感謝申し上げます。ありがとうございました。


[2016/6/27掲載]
NEW ■平成28年熊本地震被災者支援活動ご報告
4月に発生した平成28年熊本地震の被災者の皆さまへの支援につきまして、
当会は5月末まで専用口座を設け、会員の皆さまから義援金の受付を
行って参りました。

その結果、企業名での義援金が7件、個人名での義援金が7件寄せられ、
合計金額は758,165円となりました。

お預かりした義援金は全額、地震発生直後より本日までの間に、
当会が窓口となって行った被災自治体に対する物資支援に充当させていただきました。

多くのご支援誠にありがとうございました。

平成28年熊本地震被災者支援活動ご報告
(別紙)支援物資一覧

[2016/7/20掲載]
NEW ■第60回介護保険部会の資料を掲載しました
第60回介護保険部会の資料と
会議内容の報告となる
ふくせんレポートの速報版を
会員専用ページに掲載しました。
(制度改正関連情報に掲載)
ぜひご覧ください。

[2016/6/27掲載]
NEW ■【会員各位】 平成28年度定時総会について(プログラム、地図)
6月29日(水)に本会の「平成28年度定時総会」を開催します。
ご出席予定の方は、時間どおりお越しくださいますよう
ご協力をお願い申し上げます。

■日時/2016年6月29日(水)13:30〜(受付:13:00〜)
■場所/リロの貸し会議室 田町 「C」会議室

プログラム
会場地図

[2016/6/20掲載]
NEW ■<イベント情報>福祉用具プランナー研究ネットワーク 第2回研究大会(7/3)
7月3日に、福祉用具プランナー研究ネットワークの第2回研究大会が
開催されます。
本会も後援している研究大会です。ぜひご参加ください。

■日程/2016年7月3日(日)
■場所/姫路・西はりま地場産業センター(じばさんびる)

プログラムはこちら
申込書はこちら

[2016/06/15掲載]
NEW ■<イベント案内>ふくせん新潟県ブロック 総会・研修会 (6月30日)

6月30日(木)に、ふくせん新潟県ブロックの総会が開催されます。
会員の皆様はご出席賜りますようお願いいたします。
欠席される場合は、委任状のご提出にご協力ください。

また、同日、研修会も開催されます。
テーマは「次期制度改正に向けて 〜ふくせん活動報告〜」と「廃用症候群と福祉用具」。

ぜひご参加ください。


■日時/6月30日(木)
    総会: 13時〜
    研修会: 13時40分〜
■場所/新潟テルサ(3階)研修室2


★ご案内は以下PDFをダウンロードしてください。


PDFをダウンロード
[2016/6/10掲載]
NEW ■<イベント情報>福祉用具国民会議「どうする!介護福祉制度の大改定」公開討論会(6/23)
6月23日に、福祉用具国民会議主催「どうする!介護福祉制度の大改定」
公開討論会が開催されます。

財政制度等審議会では、要介護2までの福祉用具貸与の原則自己負担化
を提案しており、今後、厚生労働省の社会保障審議会の場で議論されて
いくこととなります。

現行の介護保険の仕組みが維持されるよう求めるとともに、国の歳出削減策が
社会保障費に向かうことについて考える場として開催される討論会です。
署名後は、関係省庁への署名提出が予定されています。

申込書は以下からダウンロードできます。
ぜひご参加ください。

PDFをダウンロード
[2016/6/9掲載]
NEW ■【傍聴資料】 第59回介護保険部会(6/3)

6月3日に第59回社会保障審議会介護保険部会が開催されました。
傍聴した概要を会員専用サイトに掲載しましたので、ぜひご覧ください。


[2016/6/1掲載]
NEW ■【傍聴資料】 第129回介護給付費分科会(6/1)

6月1日、厚生労働省は、第129回社会保障審議会介護給付費分科会を
開催しました。

参考までに傍聴資料を掲載いたします。
ご興味のある方は会員専用サイトでご覧いただけます。


[2016/5/26掲載]
NEW ■【傍聴資料】 第58回介護保険部会(5/25)
5月25日、厚生労働省は、第58回社会保障審議会介護保険部会を
開催しました。

参考までに傍聴資料を掲載いたしますので、
ご興味のある方は会員専用サイトでダウンロードしてください。



[2016/5/18掲載]
NEW ■<イベント案内>ふくせん熊本県ブロック 総会・交流会 (5月20日)

5月20日(金)に、ふくせん熊本県ブロックの総会が開催されます。
会員の皆様はご出席賜りますようお願いいたします。
欠席される場合は、委任状のご提出にご協力ください。

また、同日、研修会も開催されます。
テーマは「2018年介護保険改正 福祉用具の原則自己負担化提言について」。

その後は懇親会も予定されています。
ぜひご参加ください。


■日時/5月20日(金)
    総会: 14時30分〜
    研修会: 15時〜
■場所/ホテル熊本テルサ(中央区水前寺公園)


★ご案内は以下PDFをダウンロードしてください


PDFをダウンロード
[2016/5/13掲載]
NEW ■<イベント案内>ふくせん秋田県ブロック 総会・交流会 (5月19日)

5月19日(木)に、ふくせん秋田県ブロックの総会が開催されます。
会員の皆様はご出席賜りますようお願いいたします。
欠席される場合は、委任状のご提出にご協力ください。

また、同日、交流会も開催されます。
あわせてご参加ください。

<設立総会>
■日時/5月19日(木)
    総会: 16時〜
    研修会: 18時〜
■場所/武道館会議室(秋田市新屋町)


★ご案内は以下PDFをダウンロードしてください


PDFをダウンロード
[2016/4/25掲載]
NEW ■<イベント案内>ふくせん東京都ブロック 総会・研修会 (5月26日)

5月25日(水)に、ふくせん東京都ブロックの総会が開催されます。
会員の皆様はご出席賜りますようお願いいたします。
欠席される場合は、委任状のご提出にご協力ください。

また、同日、研修会も開催いたします(非会員も有料で参加可)。
あわせてご参加ください。

<設立総会>
■日時/5月26日(木)
    総会: 14時〜14時30分
    研修会: 14時50分〜17時
■場所/パラマウントベッド株式会社 東京ショールーム(江東区東砂)


★開催案内はこちら
★委任状はこちら

 


[2016/4/25掲載]
NEW ■<イベント案内>ふくせん宮城県ブロック 設立総会・研修会

5月25日(水)に、ふくせん山形県ブロックの総会が開催されます。
会員の皆様はご出席賜りますようお願いいたします。
欠席される場合は、委任状のご提出にご協力ください。

また、同日、研修会も開催いたします。
会員の方は無料でご参加いただけます(非会員は有料で参加可)。
あわせてご参加ください。

<設立総会>
■日時/5月25日(水)
    総会: 14時〜14時30分
    研修会: 14時45分〜16時45分
■場所/仙台市民会館 第2会議室(青葉区桜ヶ岡公園)


★ご案内は以下PDFをダウンロードしてください


 


PDFをダウンロード
[2016/4/25掲載]
NEW ■<イベント案内>ふくせん大阪府ブロック 総会・研修会 (6月1日)

6月1日(水)に、ふくせん大阪府ブロックの総会が開催されます。
会員の皆様はご出席賜りますようお願いいたします。
欠席される場合は、委任状のご提出にご協力ください。

また、同日、研修会も開催いたします。
会員の方は無料でご参加いただけます(非会員は有料で参加可)。
あわせてご参加ください。

<設立総会>
■日時/6月1日(水)
    総会: 14時〜14時30分
    研修会: 15時〜17時
■場所/大阪府社会福祉会館(大阪市中央区谷町)


★ご案内は以下PDFをダウンロードしてください


PDFをダウンロード
[2016/4/25掲載]
NEW ■<イベント案内>ふくせん山形県ブロック 設立総会・研修会 (5月25日)

5月25日(水)に、ふくせん山形県ブロックの総会が開催されます。
会員の皆様はご出席賜りますようお願いいたします。
欠席される場合は、委任状のご提出にご協力ください。

また、同日、研修会も開催いたします。
会員の方は無料でご参加いただけます(非会員は有料で参加可)。
あわせてご参加ください。

<設立総会>
■日時/5月25日(水)
    総会: 13時30分〜14時
    研修会: 14時30分〜16時
■場所/山形県生涯学習センター 第1研修室(山形市緑町)


★会員の方へのご案内はこちら
★非会員の方へのご案内はこちら


[2016/4/25掲載]
NEW ■<イベント案内>ふくせん富山県ブロック 総会・研修会 (5月19日)

5月19日(木)に、ふくせん富山県ブロックの総会が開催されます。
会員の皆様はご出席賜りますようお願いいたします。
欠席される場合は、委任状のご提出にご協力ください。

また、同日、研修会も開催いたします。
会員の方は無料でご参加いただけます(非会員は有料で参加可)。
あわせてご参加ください。

<設立総会>
■日時/5月19日(木)
    総会: 14時〜14時30分
    研修会: 14時45分〜16時45分
■場所/株式会社スリーティ運輸 砺波営業所 2階研修室(砺波市鷹栖)


★ご案内は以下PDFをダウンロードしてください


PDFをダウンロード
[2016/4/25掲載]
NEW ■<イベント案内>ふくせん石川県ブロック 総会・研修会 (5月18日)

5月18日(水)に、ふくせん石川県ブロックの総会が開催されます。
会員の皆様はご出席賜りますようお願いいたします。
欠席される場合は、委任状のご提出にご協力ください。

また、同日、研修会も開催いたします。
会員の方は無料でご参加いただけます(非会員は有料で参加可)。
あわせてご参加ください。

<設立総会>
■日時/5月18日(水)
    総会: 14時〜14時30分
    研修会: 14時45分〜16時45分
■場所/金沢市ものづくり会館(金沢市粟崎町)


★会員の方へのご案内はこちら
★非会員の方へのご案内はこちら


[2016/4/25掲載]
NEW ■<イベント案内>ふくせん兵庫県ブロック 総会・研修会 (5月17日)

5月17日(火)に、ふくせん兵庫県ブロックの総会が開催されます。
会員の皆様はご出席賜りますようお願いいたします。
欠席される場合は、委任状のご提出にご協力ください。

また、同日、研修会も開催いたします。
会員の方は無料でご参加いただけます(非会員は有料で参加可)。
あわせてご参加ください。

<設立総会>
■日時/5月17日(火)
    総会: 14時〜14時30分
    研修会: 14時45分〜16時45分
■場所/兵庫県民会館 902号室(神戸市中央区下山手通)


★会員の方へのご案内はこちら
★非会員の方へのご案内はこちら


[2016/4/25掲載]
NEW ■<イベント案内>ふくせん滋賀県ブロック 総会・研修会 (5月16日)

5月16日(月)に、ふくせん滋賀県ブロックの総会が開催されます。
会員の皆様はご出席賜りますようお願いいたします。
欠席される場合は、委任状のご提出にご協力ください。

また、同日、研修会も開催いたします。
会員の方は無料でご参加いただけます(非会員は有料で参加可)。
あわせてご参加ください。

<設立総会>
■日時/5月16日(月)
    総会: 14時〜14時30分
    研修会: 14時45分〜16時45分
■場所/明日都大津ふれあいプラザ 5階大会議室(大津市浜大津)


★会員の方へのご案内はこちら
★非会員の方へのご案内はこちら


[2016/4/25掲載]
NEW ■<イベント案内>ふくせん鳥取県ブロック 設立総会
5月12日(木)に、ふくせん鳥取県ブロックの設立総会を開催します。
会員の皆様はご出席賜りますようお願いいたします。
欠席される場合は、委任状のご提出にご協力ください。

なお、翌日13日(金)は、ふくせん鳥取県ブロック共催のセミナーも開催されます。
あわせてご参加ください。

<設立総会>
■日時/5月12日(木)16時〜16時30分
■場所/株式会社ウィードメディカル(鳥取市南隈715)


★設立総会のご案内は、以下PDFをダウンロードしてください

PDFをダウンロード
[2016/4/8掲載]
NEW ■<イベント案内>シーティングの基本知識とその実際(岩手県)
日本シーティング・コンサルタント協会主催の「シーティングの基本知識と
その実際」が以下のとおり開催されます。
シーティングの考え方、クッションの選択、姿勢変換型車いすの活用など
についてのセミナーです。最新のシーティング機器展示もありますので、
ぜひご参加ください。

■日時/2016年6月25日(土)10時〜16時
■場所/アイーナいわて県民情報交流センター(岩手県盛岡市)
■参加費/5,000円(資料代込み)
■申込/以下PDFをご参照ください(申込締切:6月18日)

PDFをダウンロード
[2016/3/30掲載]
NEW ■<ふくせんレポート>給付対象品目の追加「自動制御等により利用者の移動を補助する歩行器」
本日(3月30日)の介護給付費分科会で、「自動制御等により
利用者の移動を補助する歩行器(モーター駆動による歩行器)」
について、新たに給付対象品目に追加する件が諮られ、
承認されました。

詳細(ふくせんレポート)および会議資料(抜粋)は
会員専用サイトでご覧いただけます。

[2016/3/11掲載]
■<ふくせんレポート>衆議院厚生労働委員会、古屋議員が福祉用具の有効活用について質問

3月9日に衆議院厚生労働委員会が開催され、
質問に立った古屋範子議員(公明党副代表・党厚生労働部会長)が、
福祉用具サービスの重要性を訴え、福祉用具を今後も使い続けられるよう
発言してくださいました。

発言の内容を「ふくせんレポート」にまとめ、会員専用サイトに掲載しました。
ぜひごらんください。


[2016/3/10掲載]
■【情報提供】衆議院厚生労働委員会で古屋範子議員が福祉用具の活用について取り上げてくれました

3月9日に開催された衆議院厚生労働委員会のなかで、
古屋範子議員(公明党副代表)が質問に立たれ、
福祉用具の有効性、効率性、福祉用具専門相談員の活動について
触れていただきました。

古屋議員については、昨年9月24日、今年2月1日と、二度にわたり
福祉用具を取り巻く状況について説明する時間をいただいております。
当日はその内容も踏まえてお話ししてくださいました。


★質問の様子は、「衆議院インターネット審議中継」でご覧いただけます。
会員専用サイトにはURLを掲載しておりますのでご活用ください。


[2016/3/8掲載]
■【資料提供】全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議(平成28年3月7日、厚生労働省老健局)
去る3月7日に、全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議が開催されました。
これは、都道府県の担当課長等が出席し、平成28年度の方針や具体的内容に
ついて説明をうけるものです。

資料のうち、「福祉用具・住宅改修について」の箇所を抜粋し、
会員専用サイトにアップしました。ぜひご覧ください。


[2016/2/25掲載]
■【資料提供】第55回 社会保障審議会介護保険部会 平成27年2月17日(水)開催

標題のとおり、平成27年2月17日(水)に「第55回 社会保障審議会介護保険部会」が開催されました。
当日の資料が掲載されましたので、ご案内いたします。
関係者への周知にご協力をお願いします。


第55回 社会保障審議会介護保険部会


[2016/1/12掲載]
■【情報提供】介護支援専門員の皆様に対する、全国署名活動ご協力のお願い(日本福祉用具供給協会)

日本福祉用具供給協会から、「介護支援専門員の皆様に対する
全国署名活動ご協力のお願い」について情報提供がありました。

次期介護保険制度改正後について、軽度者向けの福祉用具・住宅
改修の利用を、現行どおり介護保険の給付対象とすることを
財務大臣ならびに厚生労働大臣に要請していく内容です。

詳細についてはこちら(外部リンク)をご確認ください。


[2016/1/4掲載]
■<コラム更新しました>介護ロボ等展示会レポート/見守り支援機器、自動ブレーキ車いす

「コラム」ページを更新しました。

<更新内容>
■介護ロボ等展示説明会レポ(4) 
 見守り支援機器/ふくせん事務局

■介護ロボ等展示説明会レポ(番外編) 
 ロボットではないけど、自動でブレーキがかかる車椅子/ふくせん事務局

ぜひご覧ください。
https://www.zfssk.com/member/column_list.php


※会員サイトにログインしたうえでアクセスしてください。


[2016/1/4掲載]
■【情報提供】第50回日本作業療法学会 開催のご案内
第50回日本作業療法学会が下記の期間で開催されます。

会期:平成28年9月9日(金)〜9月11日(日)
場所:ロイトン札幌・ホテルさっぽろ芸文館・札幌市教育文化会館
主催:一般社団法人 日本作業療法士協会


詳しくは学会のホームページをご覧ください。

学会のホームページはこちら

[2015/12/28掲載]
■【情報提供】優先福祉用具WHOモデルリスト 世界規模調査 ご協力のお願い

標題のとおり、国立障害者リハビリテーションセンター研究所より調査への協力依頼がありました。
詳細は下記をご覧のうえ、関係者への周知にご協力をお願いします。


***************************************************************************
優先福祉用具WHOモデルリスト 世界規模調査

現在、全世界で10億人以上の人が福祉用具を必要としており、2050年にはその数が20億人に達するとの推計が出されています。
しかしながら、今日、福祉用具を必要とする人のうち、福祉用具を利用できているのは、たった10人に1人に過ぎません。
この状況を変えるために、WHOは、優先福祉用具WHOモデルリスト(WHO Model List of Priority Assistive Products : APL)を
作成することにしました。これは、以前WHO において医薬品の普及に向けて作成した重要医薬品リスト(Essential Medicines List : EML) にならったものです。
APLは、福祉用具の供給に関連した政策やプログラムをWHO加盟国が計画することに対する支援を目的としています。
EMLのように、この取り組みの主な目標は、高品質で適切な価格の福祉用具の利用を促進することです。
この目標に向けて、WHOは、50の優先福祉用具を特定するための世界規模の調査に着手しました。

本調査は、すべてのステークホルダー(関与者)、特にユーザー(潜在的ユーザーも含む)、家族もしくは家族の団体の参加を推奨しています。
ぜひ、お知り合い、ご関係の皆さまへの周知にご協力ください。
調査には、50の最優先福祉用具を選定し、オンラインで回答頂きますようお願いいたします。

オンライン回答用URL
https://extranet.who.int/dataform/355553/
※英語版が立ち上がりますが、言語に日本語を選択していただくと、
日本語版が立ち上がります。

*******************************************************************


[2015/12/24掲載]
■<イベント紹介>第3回福祉住環境サミット&ウェルビーイングフェア

本会の賛助会員である福祉住環境コーディネーター協会から、イベントのご案内がありました。
ぜひご参加ください。

■イベント名/「第3回福祉住環境サミット&ウェルビーイングフェア」
■日程/2016年3月5日(土)、6日(日)
■場所/明治学院大学白金キャンパス(東京都港区)
■詳細は以下のPDFをダウンロードしてご覧ください。


PDFをダウンロード
[2015/12/18掲載]
■<コラム更新しました>介護ロボ等展示会レポート/幸和製作所「リトルキーパス」、カワムラサイクル「アシスト機能付歩行車」など

「コラム」ページを更新しました。


<更新内容>
■介護ロボ等展示説明会レポ(1) 
 移動支援「リトルキーパス」(幸和製作所)/ふくせん事務局

■介護ロボ等展示説明会レポ(2) 
 移動支援「アシスト機能付歩行車」(カワムラサイクル)/ふくせん事務局

■介護ロボ等展示説明会レポ(3) 
 移動支援「RT.1」(RT.ワークス)、「FLAGSHIP MODEL “ES-03”」(ナブテスコ)/ふくせん事務局


くわしくは会員専用サイトをご覧ください。

※ログインして以下のURLをクリックするとページにジャンプできます
https://www.zfssk.com/member/column_list.php



[2015/12/17掲載]
■<ふくせんレポート発行しました>給付対象品目の追加の検討――「モーター駆動による歩行器」 2月の介護給付費分科会で審議
12月14日に開催された、第126回社会保障審議会介護給付費分科会で、
福祉用具に関して議論された内容を、ふくせんレポートにまとめました。

「給付対象品目の追加の検討――『モーター駆動による歩行器」』
2月の介護給付費分科会で審議」

詳細は会員専用サイトでご覧ください。

[2015/12/7掲載]
■【周知依頼(リコール)】セキスイ製 ポータブルトイレ 座楽背もたれ型

  

積水化学工業株式会社から、リコール情報の周知依頼がありました。
事故につながる恐れがあるため、使用されている施設・ご利用者がいらっしゃいましたら
回収窓口へ連絡していただきますようお願いします。

■対象商品/ポータブルトイレ 座楽 SPシリーズ/SDシリーズ
■製造者/積水ライフテック株式会社
■販売時期/1996年10月〜2002年6月頃
■内容/ひじ掛と背もたれのすき間に身体の一部をはさんで事故につながる
    可能性があるため、すき間のない製品(新品)と無償で交換します

<問い合わせ先>
積水化学工業株式会社 ポータブルトイレ回収窓口
・フリーダイヤル:0120-011-578(無料)
(9:00〜19:00 土日・祝日・年末年始除く)


PDFをダウンロード
[2015/11/19掲載]
■<ふくせんレポート2015.11.20発行>「モーター駆動による歩行器」を、新たな給付対象とする方向〜介護保険福祉用具・住宅改修評価検討会〜

11月9日に厚生労働省で開催された「福祉用具・住宅改修評価検討会」
の内容を、ふくせんレポートにまとめました。

この検討会は、介護保険の給付対象となる福祉用具や住宅改修の
新たな種目・種類等について、妥当性や内容を検討するものです。

検討の結果は、会員専用サイトでご紹介しています。
IDとパスワードでログインして、以下のURLにアクセスしてください。
https://www.zfssk.com/member/act/shiryo.php


[2015/11/18掲載]
■【周知依頼】マイナンバー制度に関するお知らせ
厚生労働省老健局高齢者支援課から、マイナンバー制度についての
周知依頼がありました。

下記PDF(チラシ)をご確認いただきますとともに、皆様におかれましても
周知・広報にご協力いただきますようお願いいたします。

マイナンバー制度ホームページはこちら(外部リンク)

PDFをダウンロード
[2015/11/9掲載]
■<一般社団法人日本福祉用具供給協会 福岡県ブロック 一般社団法人 全国福祉用具専門相談員協会 合同研修会開催のご案内> 2015年11月25日(福岡県)

一般社団法人 全国福祉用具専門相談員協会 鹿児島県ブロック事務局からのお知らせ!!
11月25日(水)福岡にて、(一社)日本福祉用具供給協会福岡県ブロックとの合同研修会を開催致します。
ご都合がよろしければぜひご参加下さい。

〜一般社団法人日本福祉用具供給協会 福岡県ブロック講演会〜
    (合同開催:全国福祉用具専門相談員協会)
■日 時/2015年11月25日(水) 13:30〜16:00
■講 師/助川 未枝保 氏 (一般社団法人日本介護支援専門員協会理事)
■演 題/ 介護保険制度の理念の再考 〜重度化予防における福祉用具の役割〜 
■参加料/無料
員:50 
(応募多数の場合は参加人数を調整させて頂く場合があります)
■場 所/
カンファレンスASC(博多スターレーンとなり )
     福岡市博多区博多駅東1-16-25 アスクビル 4階
     TEL092-411-0026

■参加方法・費用の案内はこちら
参加希望の方は 11月14日(土)までに申込用紙にて受講申し込みをお願いします。

【お問い合わせ先】
 福岡県ブロック研修会事務局(潟Nローバー内)
 担当:内山まで TEL:092-872-7131


[2015/11/9掲載]
■<一般社団法人日本福祉用具供給協会九州・沖縄支部:会員資質向上研修会開催のご案内> 2015年11月13日(福岡県)

一般社団法人 全国福祉用具専門相談員協会 鹿児島県ブロック事務局からのお知らせ!!
11月13日(金)福岡にて、(一社)日本福祉用具供給協会九州・沖縄支部との合同資質向上研修会を開催致します
若干、空席もございますので、ご都合がよろしければぜひご参加下さい。

■日 時/2015年11月13日(金)  17:00〜18:30
■講 師/久留善武 氏(一般社団法人シルバーサービス振興会 企画部長)
■演 題/「介護保険制度における福祉用具サービスの展望(仮題)」
■参加料/500円(資料代)
■場 所/カンファレンスASC会議室
     福岡市博多区博多駅東1-16-25 アスクビル(筑紫口から徒歩3分)
     TEL092-411-0026
■懇親会/19:00〜21:00  ※久留先生を囲んでの意見交換会
     長崎馳走 手羽屋 福岡本店(会費5,000円/名)
     福岡市博多区博多駅東2-4-6 TEL:092-432-8377

■参加方法・費用の案内はこちら

【お問い合わせ先】
 鹿児島県ブロック事務局(カクイックスウィング内)担当:福岡
 TEL099-261-4114

 


[2015/11/6掲載]
■<講演会開催>平成27年度世田谷区講演会のお知らせ ※終了しました
平成27年度・世田谷区講演会が開催されます。
お時間がございましたら是非ご参加ください。

主催:世田谷区介護保険課
共催:一般社団法人全国福祉用具専門相談員協会(ふくせん)

テーマ:「介護保険制度改正による福祉用具の動向
                  〜訪問調査の実施事例の報告〜」


●日時/2015年11月12日(木)  18:30〜20:30
●会場/成城ホール
 東京都世田谷区成城6-2-1  TEL03-3482-1313
●申し込み不要、参加費無料
●お問い合わせ先
 一般社団法人全国福祉用具専門相談員協会  
 TEL03-5418-7700
詳しくはこちら



【お詫び】世田谷区講演会チラシの曜日誤記について 

過日会員各位に郵送でお送りしたチラシのうち、
世田谷区講演会チラシの曜日表記に下記の誤りがございました。

申し訳ございません。

正しくは「木曜日」ですので、ご来場の際はお間違いない

ようご注意願います。
 

×)20151112日(水)
○)20151112日(木)


再びこのようなことがないよう事務局員一同十分に確認を
してまいりますので、何卒ご寛容のほどよろしくお願い

申し上げます。


[2015/10/26掲載]
NEW ■<著書紹介>「エンジニアのための人を対象とする研究計画入門 科学的合理性と倫理的妥当性」(丸善出版)

本会の特別顧問である山内繁氏の著書のご紹介です。

エンジニアが科学的な被験者実験を計画するのを助け、
倫理審査で問題となる研究倫理の原理と規則とを理解する
助けとなることを目的としてまとめられた入門書です。



■著書名/「エンジニアのための人を対象とする研究計画入門 
     科学的合理性と倫理的妥当性」(丸善出版)
■著者/山内繁氏(NPO支援技術開発機構理事長、元国立身体
    障害者リハビリテーションセンター研究所長、国際標準化
          機構ISO/TC173/SC7(アクセシブルデザイン)議長、
          ふくせん特別顧問)
■詳細・注文書は
こちら
■丸善出版ウェブサイトは
こちら (外部リンク)


[2015/9/28掲載]
■【会員専用サイト】<商品紹介>パナソニックエイジフリーライフテック(コンフォーネ、リショーネ、ラフィーネ)

会員専用サイトを更新しました。

本会の賛助会員であるパナソニックエイジフリーライフテックから、商品のご紹介です。
動画で商品について確認できます。ぜひご活用ください。

詳しくは会員専用サイトでご覧ください。


[2015/9/17掲載]
■<ふくせん主催・研修会のご案内> 福祉用具プランナー研修(青森県)

ふくせんでは、今年度、「福祉用具プランナー研修」を開催します。
鹿児島県の集合研修は、8月1日からスタートし43名の方が受講されてます。
青森県での開催は10月からです。ご受講をご希望の方は、開催要項をご確認のうえ、お申し込みください。

定員にまだ空きがございますので、ご検討中の方は、早めのお申し込みをお願いします! 


<青森県>
eラーニング:2015年10月5日〜12月6日
集合研修:2015年11月21日〜24日、12月11日〜13日(7日間)
開催要項(PDF)
受講申込書(PDF版) / 受講申込書(ワード版)
実務経験証明書(PDF版) / 実務経験証明書(ワード版)


テクノエイド協会のホームページはこちらをご覧ください。
 


[2015/9/17掲載]
■「福祉用具サービス計画作成スーパーバイザー養成研修」開催!!

本会主催の「福祉用具サービス計画作成スーパーバイザー養成研修」を下記の日程で開催いたします。
なお、本研修会は、ふくせん会員限定の研修会です。


<大阪会場>               <東京会場>
■日時/2015年10月22日、23日(木・金)  ■日時/2015年11月13日、14日(金・土)
■場所/大阪府社会福祉会館        ■場所/お茶の水ケアサービス学院
■参加方法・費用の案内はこちら      ■参加方法・費用の案内はこちら


[2015/9/17掲載]
■<イベント案内>快護生活フェス!福祉機器展&セミナーinかごしま(10/10・11)

ふくせん鹿児島ブロックが協力するイベント「快護生活フェス!
福祉機器展&セミナーinかごしま」が10月10日・11日に
開催されます。

各セミナーは、インターネットでもお申込み可能です。
ぜひご参加ください。

チラシ(外面)・セミナー申込書
チラシ(中面)

インターネット申込


[2015/9/11掲載]
NEW ■<講演会のご案内> 『2018介護保険改正 最新情報』講演会 2015年9月24日(京都府) 主催:一般社団法人日本福祉用具供給協会 近畿支部

9月24日に、一般社団法人日本福祉用具供給協会近畿支部が講演会を開催いたします。
日程をご調整のうえ、ぜひご参加ください


■日時/2015年9月24日(木)  15:00〜17:00
■場所/キャンパスプラザ京都 (京都市下京区西洞院通塩小路下ル)
■参加方法・費用の案内はこちら


[2015/9/11掲載]
■【情報提供】「災害により被災した要介護高齢者等への対応について」

今回の災害で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

総理官邸より、栃木県・茨城県・宮城県等の大雨について
(台風第18号等について)の通達を受け、事務連絡が関係自治体に通達されておりますので、ご案内申し上げます。

通達はこちら(茨城県分)


[2015/9/7掲載]
■介護・福祉フェアinあおもり2015 開催のお知らせ

11月2日・3日に、青森県で「介護・福祉フェアinあおもり2015」が開催されます。

ふくせんの賛助会員企業も多数参加の「福祉用具展示」(北東北最大規模!!)
福祉に関する各種セミナーなど(ふくせんの岩元理事長も講演します。)

ぜひ足をお運びください♬


■日時/2015年11月2日(月)、3日(火)
■場所/県民福祉プラザ(2F・4F)
    青森県青森市中央三丁目20-30
           TEL 017-777-9191 FAX 017-777-0013

セミナーのお申込みなど詳しくはこちら


[2015/8/20掲載]
■<ふくせんレポート>相談員の資質向上に向けて、茨城県知事を表敬訪問
ふくせんレポートを発行しました。


「福祉用具専門相談員の資質の向上に向けて、県知事を表敬訪問
 ―― ふくせん茨城県ブロック」

去る7月16日、岩元文雄理事長と茨城県ブロックの松?佐一郎ブロック長が、
茨城県の橋本昌知事を表敬訪問し、福祉用具専門相談員の資質の向上に
ついて説明した。また、県の長寿福祉課に対しては、福祉用具専門相談員の
資質の向上に向けて書面にて協力を求めた・・・・・・・


>>つづきはこちら


[2015/8/11掲載]
■<三重県ブロック研修会開催のご案内> 2015年8月18日(三重県)

8月18日に、ふくせん三重県ブロックが研修会を開催いたします。
日程をご調整のうえ、ぜひご参加ください♬
本研修会は、ふくせん研修ポイント制度対象研修として申請中です。

■日時/2015年8月18日(火)  18:30〜20:30
■場所/株式会社ライフ・テクノサービス LTS中央ビル 502号室
参加方法・費用の案内はこちら


[2015/8/10掲載]
■【注意喚起】福祉用具レンタルにおける詐欺行為について

山梨県内において、詐欺行為が発生したとの情報がありました。
利用者の家族を装った者が、レンタルした福祉用具を中古販売業者へ転売するという内容です。
詳しくは以下のPDFデータでご確認いただくとともに、
関係者への周知にご協力いただきますようお願いいたします。

PDFをダウンロード
[2015/7/10掲載]
■<石川県ブロック研修会開催のご案内> 2015年7月17日(石川県)

7月17日に、ふくせん石川県ブロックが一般社団法人日本福祉用具供給協会石川県ブロックとの共催で研修会を開催いたします。
日程をご調整のうえ、ぜひご参加ください♬
本研修会は、ふくせん研修ポイント制度対象研修として申請中です。

■日時/2015年7月17日(金)  15:30〜17:00
■場所/金沢市福祉用具情報プラザ2階 研修
参加方法・費用の案内はこちら


[2015/7/7掲載]
■【情報提供】キャリア段位制度 平成27年度評価者(アセッサー)講習の募集開始について

厚生労働省の「介護職員資質向上促進事業」である「介護プロフェッショナルキャリア段位制度」
では、現在、全国7,817名の評価者(アセッサー)が養成されています。

平成27年度の評価者(アセッサー)講習の募集が7月1日(水)から開始されました。
詳細は介護キャリア段位制度専用ホームページをご覧ください。


■介護キャリア段位制度専用ホームページ
https://careprofessional.org/careproweb/jsp/

■お問い合わせ先
一般社団法人シルバーサービス振興会
TEL: 03-5402-4882 (10:00〜17:00 土日祝休)


PDFをダウンロード
[2015/7/7掲載]
■<福祉用具展示会&セミナーin広島 2015 開催のご案内> 2015年7月17日、18日(広島県)

7月17日、18日に、福祉用具展示会&セミナーin広島 2015 が開催されます。

■主催/一般社団法人日本福祉用具供給協会 中国支部 広島県ブロック
■日時/2015年7月17日(金)、18日(土)
■場所/広島県立広島産業会館、広島市南区民文化センター
■詳しくはこちら


[2015/7/7掲載]
■<平成27年度福祉用具セミナー開催のご案内>主催:みえテクノエイドセンター(三重県身体障害者総合福祉センター)

平成27年度福祉用具セミナーが開催されております。
本研修会は、ふくせん研修ポイント制度対象研修です。


■詳しくはこちら
※みえテクノエイドセンターのホームページはこちら


[2015/7/6掲載]
■<三重県ブロック研修会開催のご案内> 2015年7月21日(三重県)

7月21日に、ふくせん三重県ブロックが研修会を開催いたします。
日程をご調整のうえ、ぜひご参加ください♫
本研修会は、ふくせんポイント制度対象研修として申請中です。

■日時/2015年7月21日(火)  18:30〜20:30
■場所/株式会社ライフ・テクノサービス LTS中央ビル 502号室
参加方法・費用の案内はこちら


[2015/7/6掲載]
■<大阪府ブロック研修会開催のご案内> 2015年7月13日(大阪府)

7月13日に一般社団法人日本福祉用具供給協会近畿支部・一般財団法人大阪府地域福祉推進財団との共催で、
ふくせん大阪府ブロックが研修会を開催いたします。
日程をご調整のうえ、ぜひご参加ください♪
本研修会は、ふくせんポイント制度対象研修です。

■日時/2015年7月13日(月)  14:00〜16:30
■場所/大阪府社会福祉会館4階 401会議室
参加方法・費用の案内はこちら


[2015-06-02掲載]
■<著書紹介> 「介護保険制度下の福祉用具事業」 東畠弘子氏(研成社)




本会理事でもある東畠弘子氏が、福祉用具の公的制度の流れと介護保険導入までの
経緯を俯瞰し、介護保険制度で流通がどのように変化したのかを明らかにした著書です。

福祉用具事業者は高齢者に合わせた福祉用具を提供しているのか、認知症の人に
寄り添って対応しているのか、独自の調査と筆者の視点から、介護保険制度と
福祉用具事業を考え、さらにそれぞれの改善点についても言及しています。

ぜひご一読ください。


■タイトル/「介護保険制度下の福祉用具事業」
■著者/東畠弘子氏
■主な目次/T部:介護保険制度における福祉用具事業体制の課題
      U部:福祉用具サービス計画に見る認知症高齢者の福祉用具利用
      V部:介護保険制度における福祉用具施策に関する事業者団体の役割


[2015/5/25掲載]
■【会員限定】経済財政諮問会議、民間議員から軽度者の福祉用具レンタルの見直し提言
去る5月19日、首相直属の諮問機関である「経済財政諮問会議」の第6回
会議が開催され、民間の有識者として参加している4人の議員の連名で、
社会保障制度の改革に関する提言が行われた。

提言の中には、介護保険制度の大幅な見直しも含まれ、軽度者(要支援、
要介護1、2)の訪問介護の生活援助と、福祉用具貸与は、「保険給付の
あり方を抜本的に見直す」としている。

(続きは会員サイト「News&Info」をご覧ください)



[2015/5/21掲載]
■【会員限定】コラム「モニタリングの新兵器ご紹介 『SRソフトビジョン』/住友理工(株)」更新しました
会員専用サイト「コラム」ページを更新しました。

内容は、「モニタリングの新兵器ご紹介 『SRソフトビジョン』」。
賛助会員である住友理工(株)の宇佐美様にご執筆いただきました。

前回のふくせん事務局コラムで紹介した、
福祉用具専門相談員が感じているモニタリングの課題に対して
SRソフトビジョンを活用した解決策を提案してくださっています。

ぜひご覧ください。


※会員専用サイトへのログインID・パスワードを紛失された方は
ふくせん事務局までお問い合わせください。(
info@zfssk.com)


[2015/4/22掲載]
■<ふくせん主催・研修会のご案内> 福祉用具プランナー研修(鹿児島県・青森県)

ふくせんでは、今年度、青森県と鹿児島県で、「福祉用具プランナー研修」を開催します。
各県の申し込み準備ができましたので、開催要項をご確認のうえ、お申し込みください。
定員は30名です。定員に達し次第締切らせていただきます。
ご検討中の方は、早めのお申し込みをお願いします!


<鹿児島県>
eラーニング:2015年7月2日〜8月21日
集合研修:2015年8月1日・2日・8日・9日・22日・23日・29日・30日(8日間)
開催要項(PDF)
受講申込書(PDF版) / 受講申込書(ワード版)
実務経験証明書(PDF版) / 実務経験証明書(ワード版)


<青森県>
eラーニング:2015年10月5日〜12月6日
集合研修:2015年11月21日〜24日、12月11日〜13日(7日間)
開催要項(PDF)
受講申込書(PDF版) / 受講申込書(ワード版)
実務経験証明書(PDF版) / 実務経験証明書(ワード版)


テクノエイド協会のホームページはこちらをご覧ください。
 


[2015/3/12掲載]
■会員専用サイトに、平成27年度制度改正情報を掲載しました
厚生労働省は、去る3月2日(月)・3日(火)に、全国介護保険・高齢者保健福祉
担当課長会議を開催しました。会議資料のうち、福祉用具に関連する部分を抜粋し、
会員専用サイトに掲載しましたので、お知らせします。平成27年4月からの改正情報が
記載されていますので、ぜひご覧ください。

★会員専用サイトにログインするには、IDとパスワードが必要です。
忘れた方は、ふくせん事務局(info@zfssk.com)までお問い合わせください。

[2015/2/18掲載]
■<研修会のご案内>国際医療福祉大学大学院 乃木坂スクール#04「支援機器活用の最前線」
乃木坂スクール#04「支援機器活用の最前線(生活支援機器概論)」が開講されます。
ターミナルケアや重度障害を持つ人への機器、施設での介護ロボット利用など、様々な場面で
深化する支援機器。第一人者および現場での実践者から話を聞き、2025年に向けたあり方を
考える内容です。

■日時/2015年4月14日〜7月14日(毎週火曜日)18時〜19時30分
■場所/主会場=国際医療福祉大学大学院 東京青山キャンパス(東京都)
    ※サテライト会場あり(遠隔授業システムによる同時双方向授業)
■講義の詳細や費用等はこちらからご覧ください
■国際医療福祉大学大学院 http://www.iuhw.ac.jp/daigakuin/

PDFをダウンロード
[2015/2/2掲載]
■<ふくせんレポート>ふくせんレポート第11号を発行しました
会員各位

ふくせんレポート第11号(2015.02.01)を発行しました。

(内容)
【1】福祉用具サービス計画作成SV(スーパーバイザー)養成研修
【2】改正・福祉用具専門相談員指定講習制度等に関する説明会
【3】国際福祉機器展H.C.R.2014
【4】「福祉用具の日」記念イベント
【5】会員さんピックアップ〜SVとしての活動!in長崎
【6】制度改正情報
【7】地域行政での活躍〜世田谷区訪問調査〜
【8】ふくせんアラカルト
ほか


>>くわしくは、「会員専用サイト」をご覧ください。
  IDとパスワードを忘れた方は、ふくせん事務局へお問い合わせください。

[2015/2/16掲載]
■<長崎県ブロック主催:研修会のご案内> 2015年3月14日(土)
長崎県ブロックが主催する研修会

【長崎発の福祉用具のご紹介と生活を支える福祉用具の普及】が開催されます。

日程をご調整のうえ、ぜひご参加ください!!

■日時/2015年3月14日(土) 11時00分〜17時00分(福祉機器展示)

               ※セミナーは午後から2回予定しております

■場所/長崎大学 文教キャンパス 総合教育研究棟(長崎市文教町1-14)

■詳しい案内およびお申込みはこちら


PDFをダウンロード
[2015/2/18掲載]
■<交流会のご案内>テクノエイド協会「シーズ・ニーズマッチング交流会(作る人と使う人の交流会)」(3/6 東京都)
本会賛助会員でもあるテクノエイド協会が、障害者のニーズを踏まえた製品開発を推進するため、

「シーズ・ニーズマッチング交流会(作る人と使う人の交流会)」を開催されます。今後の支援機器

開発にあたり、ぜひ交流を深めてください。

■日時/2015年3月6日(金)・7日(土)10時〜16時

■場所/TOC有明コンベンションホール(東京都)

■内容/・約60の開発改良中の機器展示、体験、来場者と出展企業・団体等の交流

    ・障害当事者によるニーズ提供ブースの設置

    ・基調講演、報告、現場報告、シンポジウム

■主催/公益財団法人テクノエイド協会 http://www.techno-aids.or.jp/

■案内チラシはこちら、参加申し込み票はこちらをご覧ください。

PDFをダウンロード
[2015/2/20掲載]
■<千葉県ブロック総会・研修会・懇親会開催のご案内> 2015年3月6日(千葉県)
3月6日に千葉県ブロックで総会・研修会および懇親会を開催いたします。

日程をご調整のうえ、ぜひご参加ください♪

■日時/2015年3月6日(金)  18:30〜

■場所/ユアエルム八千代台店4階エルムスペース

■案内はこちら


PDFをダウンロード
[2015/01/26掲載]
■<石川・富山・福井県合同ブロック総会・研修会開催のご案内> 2015年2月25日、(石川県)">
昨年末にご案内した石川・富山・福井県合同ブロック総会・研修会を2月に開催いたします。

日程をご調整のうえ、ぜひご参加ください!!

■日時/2015年2月25日(水) 午後開催!

■場所/金沢市ものづくり会館

■案内およびお申込みはこちら


PDFをダウンロード
[2015/01/26掲載]
■<沖縄県ブロック総会・研修会開催のご案内> 2015年2月20日(金)">
2月に沖縄県ブロック総会・研修会を開催いたします。

日程をご調整のうえ、ぜひご参加ください!!

■日時/2015年2月20日(金)

  総  会:10時30分〜12時00分(予定)

 研修会:13時00分〜17時30分(予定)

■場所/ぎのわんマリン支援センター大会議室

■案内およびお申込みはこちら


PDFをダウンロード
[2015/01/26掲載]
■<愛知県・岐阜県・三重県 合同ブロック総会・研修会開催のご案内> 2015年2月12日、18:00〜21:00(愛知県)
昨年末にご案内した愛知県・岐阜県・三重県の合同ブロック総会・研修会が愛知県内で開催されます。

日程のご調整のうえ、ぜひご参加ください♪

■日時/2015年2月12日(木) 18:00〜21:00

■場所/愛知県産業労働センター ウィンクあいち11階1108

■案内およびお申込みはこちら


PDFをダウンロード
[2015/01/26掲載]
■<青森県ブロック総会・研修会開催のご案内> 2015年2月6日(青森県)
昨年末にご案内した青森県ブロック総会および研修会が開催されます!

日程をご調整のうえ、ぜひご参加ください♪

■開催日/2015年2月6日(金)

■場 所/青森市文化会館リンクステーションホール青森

■案内およびお申込みはこちら


PDFをダウンロード
[2015/1/22掲載]
■官報公布! 会員専用サイト「News & Information」に解説を掲載しました。
■介護保険最新情報 Vol. 414
「介護保険法施行規則等の一部を改正する省令の公布について」

平成27年4月1日から施行される部分を盛り込んだ改正省令が官報公布されました。
福祉用具サービスに関わる箇所の解説を「会員専用サイト News & Information」に
掲載しましたのでご覧ください。

→ 介護保険最新情報 Vol. 414 全文はこちら

※会員専用サイトへのログインID・パスワードを忘れた方は、事務局までご連絡ください。
 E-mail:info@zfssk.com

[2014/12/16掲載]
■<岩手県ブロック総会・研修会開催のご案内> 2015年2月5日、(岩手県)
明年、2月に岩手県ブロックで総会・研修会を開催いたします。

詳しい内容は現在検討中ですが、開催日は決定いたしました! 日程をご調整のうえ、ぜひご参加ください。

■日時/2015年2月5日(木) 午後開催!

■場所/ふれあいランド岩手

■案内はこちら


PDFをダウンロード
[2014/12/05掲載]
■<ふくせんレポート> 第116回介護給付費分科会で運営基準等を議論  運営基準等の改正案 パブリックコメントを実施
ふくせんレポート(2014.12.5号)を発行しました。

社会保障審議会介護給付費分科会(分科会長は田中滋・慶応義塾大学名誉教授)は、去る11月26日、第116回分科会を開催し、運営基準等について議論した。

これまで個別のサービスについて検討を重ねてきたが、今回は全サービスの運営基準等の改正案が示された。福祉用具については、既報(11月28日付)のとおり、

「必要な知識の修得及び能力の向上といった自己研鑽の努力義務」が示されている。改正案は概ね了承され、12月2日から31日まで、パブリックコメントで

意見の募集を行なっている。

>>くわしくは、「会員専用サイト」をご覧ください。

[2014/12/2掲載]
■<ふくせんレポート> 「福祉用具専門相談員の質の向上」を論点とする次期制度改正の動向について説明〜パラマウントケアサービスセミナー〜
ふくせんレポート(2014.11.28号)を発行しました。

●内容1

「福祉用具専門相談員の質の向上」を論点とする次期制度改正の動向について説明

〜パラマウントケアサービスセミナー〜

●内容2

事務局員の「こんなの見つけました」

〜福祉用具専門相談員の事務作業の効率化を追求したシステム「スマートシェイク」〜

>>くわしくは、「会員専用サイト」をご覧ください。

[2014/12/01掲載]
■<福祉用具専門相談員のスキルアップ研修開催のご案内> 2015年1月14日〜開講!!
明年、1月から福祉用具専門相談員のスキルアップ研修が開催されます。

本会会員が所属されている、さくらメディカル(株)(新潟県)主催の研修会です。

本研修会は、ふくせんの研修ポイント制度の認証研修に現在申請中です!

 

福祉用具専門相談員の皆様の知識向上に役立つ様々な講義内容で構成されております。 

せっかくの機会です。ご興味のある研修がございましたら、ぜひご参加を検討されてみてはいかがでしょうか?

■開催日/2015年1月14日(水)スタート! 講義内容は案内をご覧ください。

■場 所/開催日によって会場が異なります。

■案内はこちら

※申込および内容等のお問合せは、さくらメディカル鰍ワで⇒025-522-3391


PDFをダウンロード
[2014/12/01掲載]
■<ふくせんレポート> 第115回介護給付費分科会で福祉用具を議論  指定基準に「自己研鑽」の努力義務を規定
ふくせんレポート(2014.12.1号)を発行しました。

社会保障審議会介護給付費分科会(分科会長は田中滋・慶応義塾大学名誉教授)は、

去る11月19日、第115回分科会を開催し、福祉用具について議論した。

福祉用具の第一の論点は「複数の福祉用具を貸与する場合の価格」、第二は「福祉用具専門相談員の質の向上の推進」。

このほか、介護保険福祉用具・住宅改修評価検討会の結果(10月28日開催、既報)も示され、福祉用具の追加項目や

複合的機能を有する福祉用具の取り扱い等の報告があった。週1回のペースで議論を進めてきたが、議論も大詰めを迎え、

年内12月に指定基準等の意見のまとめ、年明け1月に介護報酬等の改正案が諮問答申される予定だ。

>>くわしくは、「会員専用サイト」をご覧ください。




[2014/11/4掲載]
■【協力依頼】介護ロボットの普及と福祉用具専門相談員の役割に関するアンケート調査
本会では、厚生労働省・平成26年度老人保健健康増進等事業の助成を受けて、

「在宅における介護ロボットの普及と福祉用具専門相談員の役割に関する調査研究事業」

に取り組んでいます。

その一環として、アンケート調査をおこなっておりますので、回答にご協力たまわりますよう

何卒よろしくお願い申し上げます。

※一部の事業所には郵送で同じものが届いています。その場合は郵送された調査票にご回答ください。

※ご記入いただいた調査票は、統計処理にのみ活用いたします。個人や福祉用具貸与事業所名等を

特定することはありません。

■対象者/指定福祉用具貸与事業所の管理者(福祉用具専門相談員資格を有する方)

実務経験3年以上の事業所内の福祉用具専門相談員(管理者以外の方)

■回答期限/2014年11月14日(金)

■回答方法/以下のとおり

@記入にあたっての注意事項をお読みください。

記入にあたってのご注意

Aアンケートにご回答ください。

参考資料は調査に回答する際に使っていただくものです。(指示があります)

アンケート調査票(エクセル版) / アンケート調査票(ワード版) / アンケート調査票(PDF版)

参考資料「介護ロボットについて」

B回答したアンケートをふくせん事務局までお送りください。

●エクセル版の場合: メールでご返送ください。

●ワード・PDF版の場合: メール、FAX、または郵便でご返送ください。

<返送先>

全国福祉用具専門相談員協会(ふくせん)事務局

〒108-0073東京都港区三田2-14-7ローレル三田404

TEL:03-5418-7700 / FAX:03-5418-2111

メールアドレス:info@zfssk.com

PDFをダウンロード
[2014/11/4掲載]
■<ふくせんレポート>「介護保険福祉用具・住宅改修評価検討会」の開催  対象拡大で介助式電動車いす、水洗ポータブルトイレ
ふくせんレポート(2014.11.4号)を発行しました。

厚生労働省は、10月28日、平成26年度の第1回「介護保険福祉用具・住宅改修評価検討会」

(座長は山内繁・NPO法人支援技術開発機構理事長)を開催し、介護保険の対象となる

福祉用具・住宅改修の追加品目・種類の検討を行った。

福祉用具貸与では、車いすの範囲に「介助式電動車いす」を含めるなど、

貸与・販売2品目、住宅改修1種類の追加が妥当としている。

この検討結果は、今後、介護給付費分科会に報告。解釈通知等を改正し、来年4月から給付対象となる見通しだ。

>>くわしくは、「会員専用サイト」をご覧ください。




[2014/10/30掲載]
■セキスイ製 ポータブルトイレ 座楽背もたれ型の無償交換のお知らせ
積水化学工業株式会社から、リコール情報の周知依頼がありました。

すでに周知に努め、かなりの数が回収できているとのことですが、

気付かず使用している方がまだ残っていると推測されます。

ご協力をお願いいたします。

⇒ セキスイ製 ポータブルトイレ 座楽背もたれ型の無償交換のお知らせ

■対象商品/ポータブルトイレ 座楽背もたれ型

■製造者/積水ライフテック株式会社

■販売時期/1996年10月〜2002年6月頃

■内容/ひじ掛と背もたれのすき間に身体の一部をはさんで事故につながる

    可能性があるため、すき間のない製品と無償で交換

*リコールの内容は積水化学工業のホームページにも掲載されています

⇒ http://www.sekisui.co.jp/notice/1238007_1969.html

PDFをダウンロード
[2014/10/24掲載]
■<イベント案内>第3回南多摩福祉機器展(11/15・16)
本会も後援している「南多摩福祉機器展」が、今年も開催されます。ぜひご参加ください。

1.日時/平成26年11月15日(土)・16日(日)10:00〜17:30

2.場所/エスフォルタアリーナ八王子(八王子市総合体育館)

3.対象/関心のあるすべての方

4.詳細はこちら(外部リンク)をご覧ください。

[2014/10/15掲載]
■10/15販売開始!! テキスト「福祉用具サービス計画作成ガイドブック」
本会では、厚生労働省・平成25年度老健事業で「福祉用具サービス計画作成ガイドライン」

を開発しました。このガイドラインにもとづいたテキスト「福祉用具サービス計画作成

ガイドブック」が本日発刊いたしました。

福祉用具専門相談員が計画書を作成する際の一連のプロセスを、実際の業務の流れに沿って

解説するガイドブック。利用者のケース別の計画書の事例も収載します。日常業務や研修用

としても最適の1冊です。

■編集:全国福祉用具専門相談員協会(ふくせん)

■監修:白澤政和

■A4判・約160頁

■平成26年10月15日(水)発行開始

■お申込みはこちら

一般価格 2,600円(税抜)

会員価格 2,340円(税抜)

PDFをダウンロード
[2014/10/11掲載]
■<ふくせんレポート>平成26年介護事業経営実態調査 福祉用具の収支差率は3.3% 前回から2.7ポイント減">
ふくせんレポート(2014.10.11号)を発行しました。

社会保障審議会介護給付費分科会・介護事業経営調査委員会(委員長は田中滋・慶応義塾大学名誉教授)は、

去る10月3日、第11回委員会を開催した。

会議には、本年3月時点の介護事業者の収支状況を調査した「平成26年介護事業経営調査」の結果が示された。

それによると、収支差率(注1)は大部分のサービスで5%を超え、10%を超えるサービスも一部にあった。

一方、福祉用具貸与の収支差率は3.3%で、前回調査(平成23年度)より、2.7ポイント減少している。

>>くわしくは、「会員専用サイト」をご覧ください。




[2014/10/6掲載]
■ふくせんレポートを発行しました。
ふくせんレポート(2014.10.06号)を発行しました。

社会保障審議会介護給付費分科会(分科会長は田中滋・慶応義塾大学名誉教授)は、

去る9月29日、第109回分科会を開催し、日本福祉用具供給協会など、介護報酬に関係する7つの事業者団体等の

ヒアリングを実施した。これで前回ヒアリング(9月10日)と合せて計14団体からの意見聴取が終了。

今後はヒアリング結果等を踏まえながら、在宅、施設・居住系の各サービスの介護報酬・指定基準について

具体的な議論を進め、12月上旬から中旬にかけて、改正案を諮問答申する予定だ。

>>くわしくは、「会員専用サイト」をご覧ください。




[2014/9/10掲載]
■<研修会のご案内>「福祉用具サービス計画作成“スーパーバイザー”養成研修」
福祉用具専門相談員の指定講習会やケアマネジャーの更新研修など、地域で福祉用具サービス

計画作成の講義・指導ができる福祉用具専門相談員の養成を目指し、研修会を開催します。

第1回/大阪

日時:平成26年11月7日(金)・8日(土)

場所:大阪リバーサイドホテル

第2回/東京

日時:平成26年11月14日(金)・15日(土)

場所:お茶の水ケアサービス学院

★詳細・お申込みはこちらをご覧ください。

[2014/9/12掲載]
■絶賛販売中!「福祉用具サービス計画書の読み方」リーフレット
ふくせんで制作した、利用者向け福祉用具サービス計画書説明リーフレット「福祉用具

サービス計画書の読み方」。ご好評につき増刷し、販売を開始しました。

実費分をいただく形となりますが、コピー機での通常印刷(A3・フルカラー)よりお安く

お求めいただけます。

【会員価格】¥3,000/100枚(¥30/枚 100枚単位での販売)

【一般価格】¥5,000/100枚(¥50/枚 100枚単位での販売)

申込書:http://www.zfssk.com/prg_data/topics/PH1410136753.pdf

ご利用者に福祉用具サービス計画書を説明・交付する際などにリーフレットをご活用いただき、

ご利用者の理解促進にお役立ていただければ幸いです。

[2014/9/16掲載]
■<イベント案内>「改正・福祉用具専門相談員指定講習制度等に関する説明会」(10/17) ※終了しました
厚生労働省は、福祉用具専門相談員指定講習制度に係る関係省令、通知を改正し、

科目の追加・見直し、時間数の変更(10時間増の50時間へ)を行い、修了評価(筆記試験)

も実施することとしています。

新制度による指定講習が円滑に開催されるよう、本会では、「改正・福祉用具専門相談員

指定講習制度等に関する説明会」を開催します。

1.日時/平成26年10月17日(金)13:30〜16:50

2.場所/中央法規ビル4階 「多目的ホール」(東京都台東区台東3-29-1)

3.対象/都道府県職員、政令市職員、福祉用具専門相談員指定講習事業者など

4.費用/¥2,000(資料代として) 

5.内容/「開催要項」をご参照ください。 

6.その他/説明会終了後、会場近くのお店で情報交換会を予定しております。(費用/¥3,000)

開催要項はこちら

申込書はこちら

PDFをダウンロード
[2014/9/12掲載]
■<イベント案内>ふくせん・FJC協会「福祉用具の日」記念イベント ※終了しました
10月1日は「福祉用具の日」です。福祉用具は、高齢者や障害者の自立を支え、介護者の

負担を軽減する、可能性に満ちた道具です。今年も「福祉用具の日」の考えに共感し、

国際福祉機器展(HCR)の開催期間と合わせて、イベントを開催します。

申込はこちらから

<記念講演>

「福祉用具、住宅改修の現状と介護保険制度改正の方向性(仮題)」

厚生労働省老健局振興課 福祉用具・住宅改修指導官 介護支援専門官

東  祐 二(ひがし ゆうじ)氏

<表彰式>

福祉用具専門相談員実力ランキングテスト・総合ランキング上位者

[2014/9/12掲載]
■<イベント案内>H.C.R.ふくせんワークショップ「福祉用具サービス計画作成ガイドライン普及啓発シンポジウム!」 ※終了しました
国際福祉機器展H.C.R.会場内にて、昨年度開発した「福祉用具サービス計画作成ガイド

ライン」をテーマにワークショップを開催します。

詳細はこちら

コーディネーター

■白澤 政和 氏 (桜美林大学大学院老年学研究科教授)

シンポジスト

■北川 貴己 氏 (株式会社北全取締役福祉事業部長、ふくせん神奈川県ブロック長)

■東畠 弘子 氏 (国際医療福祉大学大学院福祉支援工学分野准教授)

■渡邉 愼一 氏 (一般社団法人神奈川県作業療法士会会長)

[2014/9/10掲載]
■ふくせんレポート第10号を発行しました
ふくせんレポート第10号(2014.09.01)を発行しました。

(内容)

【1】平成26年度定時総会

【2】バリアフリー2014

【3】メーカーワークショップ

【4】研修ポイント制度トップインタビュー

【5】制度改正について

ほか

>>くわしくは、「会員専用サイト」をご覧ください。

[2014/9/12掲載]
■<イベントのご案内>「快護生活フェス!」(10月11・12日、鹿児島県) ※終了しました
10月1日「福祉用具の日」を記念し、鹿児島県で「快護生活フェス!福祉機器展&セミナー

inかごしま2014」が開催されます。本会の鹿児島県ブロックも協力し、事例検討会なども

開催します。ぜひご参加ください。

■日時/2014年10月11日(土)、12日(日)

■場所/かごしま県民交流センター

■案内はこちら(2.3MB)、セミナーの時間割はこちら(3.8MB)、申込書はこちら(2.3MB)

[2014/9/2掲載]
■第10回福祉用具専門相談員実力ランキングテスト 11月16日(日)全国10会場で開催
「福祉用具専門相談員実力ランキングテスト」とは、福祉用具に関することはもとより、マナーや高齢者心理から、

医療・介護等の制度まで、在宅で高齢者サービスを提供する福祉用具専門職に必要なあらゆる知識を客観的に評価し、

自己啓発につなげるための全国規模のテストです。

本テストは年2回(5月、11月)実施されており、今年も11月16日(日)に全国10か所の会場で、第10回テストが実施されます。

ホームページ上ではこれまでの試験結果および成績上位200名による「得点ランキング」(第1回〜第9回)を公表しており、

3年間の成績を評価した「総合ランキング」も公表しています。

福祉用具がより効果的に活用されるためには、福祉用具専門相談員の資質向上が欠かせません。

福祉用具専門相談員としてのスキルの基礎固めやステップアップの第一歩に。是非、ご参加ください。

《 第10回試験実施概要 》

  開催日 : 2014年11月16日(日)   

  申込期間 : 9月17日(水) 〜 10月27日(月)

  開催場所 : 札幌・仙台・東京・静岡・金沢・名古屋・大阪・広島・高松・福岡  (全国10会場)

  受験料  : ¥5,140(税込)

【お申し込み・お問合わせ】

  電話:03-5430-4747(10:00〜18:00 試験開催日までは、土日祭日も受け付けます)

  ホームページ: http://fukusen-test.jp/

  主催:福祉用具専門相談員実力ランキングテスト実行委員会

 ■第10回福祉用具専門相談員実力ランキングテストご案内


PDFをダウンロード
[2014/8/22掲載]
■【説明会のご案内】国際医療福祉大学大学院 福祉支援工学分野 福祉用具管理指導者領域
「国際医療福祉大学大学院 福祉支援工学分野 福祉用具管理指導者領域」の説明会が、

以下のとおり開催されます。当日は、教員による説明だけでなく、院生または修了生の体験談を

聴くことができます。詳細はこちらをご覧ください。

(説明会:事前申し込み不要、4回とも同じ内容です)

■第1回 9月30日(火)18:30〜19:30 大学院・東京青山キャンパス5階ルーム1

■第2回 10月29日(水)18:30〜19:30 大学院・東京青山キャンパス5階ルーム2

■第3回 12月11日(木)18:30〜19:30 大学院・東京青山キャンパス5階ルーム1

■第4回 1月16日(金)18:30〜19:30 大学院・東京青山キャンパス5階ルーム1

[2014/8/22掲載]
■【セミナーのご案内】ケアマネジャー・福祉用具専門相談員のための「福祉用具サービス計画作成ガイドライン」セミナー ※終了しました
平成26年4月、適切な計画作成、サービスの標準化等をめざし、「福祉用具サービス計画作成

ガイドライン」を取りまとめました。

ガイドラインの概要を理解すると同時に、福祉用具活用の際にケアマネジャーや福祉用具専門

相談員が知っておくべきポイントなどを理解する目的で、下記のとおりセミナーか開講されます。

なぜ福祉用具を導入するのかなど、ケアマネジャーと福祉用具専門相談員、その他関係者とが

根拠ある議論ができるよう支援するものです。

ぜひご参加ください。

                  記

日時/平成26年9月13日(土)14:00〜16:00

場所/桜花会館(愛知県名古屋市中区三の丸1-7-2)

対象/ケアマネジャー、福祉用具専門相談員、介護現場で福祉用具の活用に興味・関心のある専門職の方

受講料/無料

主催/愛知県・日本福祉大学社会福祉総合センター

詳細・お申込みについては、こちらをご覧ください。

[2014/7/1掲載]
■<ふくせんレポート>第103回社会保障審議会介護給付費分科会 区分支給限度基準額見直し、福祉用具も論点に
ふくせんレポート(2014.06.30号)を発行しました。

社会保障審議会介護給付費分科会は、去る6月25日、第103回会合を開催した。今回のテーマは、

区分支給限度基準額とケアマネジメント。区分支給限度基準額の一律引き上げは行わず、定期巡回・

随時対応サービスなど、3つのサービスに限定して、引き上げの検討を提案している。

>>くわしくは、「会員専用サイト」をご覧ください。




[2014/6/25掲載]
■【情報提供】ふくせん 神奈川県ブロック主催:第2回資質向上研修会開催のご案内 ※終了しました
全国福祉用具専門相談員協会神奈川県ブロックでは、福祉用具専門相談員を対象に、来る7月11日、

第2回資質向上研修会の開催を予定しています。講師は、露木昭彰氏(神奈川理学療法士会理事)です。

神奈川県内の関係者は、ぜひご参加ください。

○第2回資質向上研修会のご案内及び申込書です。 詳しくはこちらをご確認ください。

■日時/平成26年7月11日(金) 13:40〜15:30(予定)

■会場/ウィリング横浜 12階 研修室121 

PDFをダウンロード
[2014/6/6掲載]
■<ふくせんレポート>福祉用具専門相談員指定講習の見直しで告示と通知を改正 厚生労働省
ふくせんレポート(2014.06.06号)を発行しました。

厚生労働省は、去る6月2日、福祉用具専門相談員指定講習の内容を一部改正する告示(第250号)を

公布すると共に、振興課長名による「福祉用具専門相談員について」(平成18年3月31日老振発第0331011号)の

改正通知を同日付で発出しました。カリキュラムの変更や、講義時間増等について盛り込まれています。

>>くわしくは、「会員専用サイト」をご覧ください。




[2014/6/5掲載]
■【情報提供】介護サービス自己評価実施ガイドライン(福祉用具サービス)について
福祉用具サービスを含む全ての介護サービス事業者に求められている、サービスの質の自己評価実施について、

滋賀県では、同ガイドラインの作成を進めています。

この度、日本福祉用具供給協会滋賀県ブロックの協力を得て、福祉用具サービス事業にかかるガイドラインを新たに作成し、

滋賀県内の福祉用具サービス事業者を対象に、来る6月27日、説明会開催を予定しています。

講師は、検討委員長を務めた東畠弘子氏(本会理事)です。滋賀県内の関係者は、ぜひご参加ください。

@介護サービス自己評価実施ガイドライン(福祉用具サービス)説明会の開催について

滋賀県内の事業者向けのご案内です。 詳しくはこちらをご確認ください。

■日時/平成26年6月27日(金) 14:00〜15:30(予定)

■会場/滋賀県立長寿社会福祉センター

A参加申込書   詳しくはこちらをご確認ください。

B介護サービス自己評価実施ガイドライン(福祉用具サービス)について(情報提供)

詳しくはこちらをご確認ください。


PDFをダウンロード
[2014/4/10掲載]
■「福祉用具専門相談員の質の向上に向けた調査研究事業」報告書を掲載しました
本会では、厚生労働省・平成25年度老人保健健康増進等事業の助成を受け、

「福祉用具専門相談員の質の向上に向けた調査研究事業」を実施しました。

取り組んだ内容は、以下の2点です。

●福祉用具専門相談員指定講習カリキュラムの整理・見直し

●福祉用具サービス計画作成ガイドラインの策定

事業報告書をアップしました。こちらからご覧ください。

[2014/4/3掲載]
■ふくせんの平成26年度事業計画・予算が決定
去る3月12日、ふくせん第16回理事会が開催され、平成26年度事業計画、予算が承認されました。

事業計画はこちらを、予算はこちらをご覧ください。

また、マスコミに対して行ったプレスリリースの原稿はこちらをご覧ください。

PDFをダウンロード
[2014/4/3掲載]
■地域包括ケア推進全国会議(3/27)のふくせんレポートを発行しました
去る3月27日、全国都市会館大ホールにおいて、「地域包括ケア推進全国会議」が開催されました。

会議の内容を分りやすく伝えるため、ふくせんレポートにまとめました。

会員専用サイトに掲載しましたので、会員の皆様は、会員専用サイトにログインのうえ、ぜひ情報をご覧ください。




[2014/4/10掲載]
■<イベント案内>大阪・バリアフリー2014(展示会)における、ふくせん企画 ※終了しました
2014年4月17日(木)〜19日(土)の3日間、大阪で展示会「バリアフリー2014」が開催されます。 本会もブースを出展するほか、17日、18日にイベントを企画しています。 企画の内容はこちらをご覧ください。
[2014/3/24掲載]
■【制度改正関連】全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議資料(2/25)のふくせんレポートを発行しました
去る2月25日に、厚生労働省 全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議が開催されました。

会議の内容を分りやすく伝えるため、ふくせんレポートにまとめました。

会員専用サイトに掲載しましたので、会員の皆様は、会員専用サイトにログインのうえ、

ぜひ情報をご覧ください。

[2014/3/18掲載]
■【情報提供】NPO法人高齢社会をよくする女性の会 主催:講演会のご案内
表題のとおり、NPO法人高齢社会をよくする女性の会より講演会開催について情報提供がございました。

 講師として、消費者庁次長・山崎史郎 氏をお迎えし、

 「高齢消費者をめぐる課題」との演題でご講演されるとのことです。

 

 日 時:2014年4月12日(土) 13:30〜15:30 受付は、13:10〜

 会 場:主婦会館 プラザエフ 4階

 参加費:会員   500円 (高齢社会をよくする女性の会の会員)

     一般 1,000円

 ○定員になり次第締め切ります。

 【お申し込み・お問合わせ】 〒160-0022 新宿区新宿2-9-1-802

                         NPO法人高齢社会をよくする女性の会

                        TEL 03-3356-3564 (月・水・金)

                        FAX 03-3355-6427

詳細はこちらをご確認いただくとともに、関係者への周知にご協力をお願いします。

PDFをダウンロード
[2014/3/6掲載]
■第9回福祉用具専門相談員実力ランキングテストのご案内
5月18日(日)全国10会場にて開催

「福祉用具専門相談員実力ランキングテスト」とは、福祉用具に関することはもとより、

マナーや高齢者心理から、医療・介護等の制度まで、在宅で高齢者サービスを提供する

福祉用具専門職に必要なあらゆる知識を客観的に評価し、自己啓発につなげるための

全国規模のテストです。

このテストは2010年より毎年春、秋(5月・11月)に開催されており、5月18日(日)に第9回が

開催されます。今回より新たに広島と高松に会場が追加され、全国10か所の会場で一斉に

実施されます。

ホームページ上ではこれまでの試験結果および成績上位200名による「得点ランキング」

(第1回〜第8回)を公表しており、2014年4月には第2回の総合ランキングを公表予定です。

福祉用具がより効果的に活用されるためには、福祉用具専門相談員の資質向上が欠かせません。

福祉用具専門相談員としてのスキルの基礎固めやステップアップの第一歩に。

是非、ご参加ください。

《 第9回試験実施概要 》

  開催日 : 2014年5月18日(日)   

申込期間 : 3月5日(水)〜5月8日(木)(郵送でのお申込みは4月25日まで)

開催場所 : 札幌 仙台 東京 静岡 金沢 名古屋 大阪 広島 高松 福岡

(全国10会場)

受験料  : ¥5,140(税込)

【お申し込み・お問合わせ】

03-5730-4747(10:00〜18:00 試験開催日まで土日祭日も受付)

ホームページ : http://fukusen-test.jp/

主催:福祉用具専門相談員実力ランキングテスト実行委員会

[2014/3/4掲載]
■【制度改正関連】全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議資料(2/25)(福祉用具部分抜粋)


去る2月25日に、厚生労働省 全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議が開催されました。

資料のうち、福祉用具部分の抜粋をまとめたものを、会員専用サイトに掲載しました。

会員の皆様は、会員専用サイトにログインのうえ、ぜひ情報をご覧ください。

なお、資料全文は近日中に厚生労働省のウェブサイトに掲載されると思いますので、随時ご確認ください。

(資料全文より、以下の内容を抜粋しております)

「12.福祉用具について」

(1)福祉用具の保険給付の適正化について

(2)福祉用具貸与の価格情報の公表について

(3)福祉用具専門相談員の質の向上・専門性の確保について(指定講習の見直しのポイントを含む)

(4)福祉用具専門相談員の要件の見直し等

(5)福祉用具の安全性及び利便性の確保等について

(6)消費税率の引上げに伴う消費税等の円滑かつ適正な転嫁等について

[2014/3/4掲載]
■国際医療福祉大学大学院公開講座・乃木坂スクール「支援機器が拓く新たな介護」


平成26年度前期・国際医療福祉大学大学院公開講座・乃木坂スクール「#04 支援機器が拓く

新たな介護」が開講されます。本講座は、わが国の支援機器の開発から適用までの最新の全体像

を明らかにするねらい。

コーディネーターは、中村秀一教授(医療経営管理分野)と、本会理事でもある東畠弘子准教授

(福祉支援工学分野)。

■詳細・申込書「乃木坂スクール」ホームページ

PDFをダウンロード
[2014/2/3掲載]
■ふくせん販売品の受付・発送の曜日について
いつも本会の学習ツールをご活用いただきありがとうございます。

2014年2月1日より、販売品の注文受付ならびに商品発送の曜日を、火曜日・金曜日といたします。

■注文受付・商品発送/火曜日、金曜日

(たとえば・・・)

水曜日に申込書が届いた場合 ⇒ 金曜日に受け付け、請求書を発送いたします

水曜日にご入金を確認した場合 ⇒ 金曜日に商品を発送いたします

以上、恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。

[2014/2/5掲載]
■【参加募集!】ふくせん・福祉用具サービス計画作成「ガイドライン」シンポジウム ※終了しました。ありがとうございました。
シンポジウム

「福祉用具サービス計画作成『ガイドライン』発表間近!

〜計画作成技術の標準化、そして、専門性確保のために〜」

■主催/一般社団法人全国福祉用具専門相談員協会(ふくせん)

(大阪会場)

■日時/2014年2月17日(月)14:30-16:45

■場所/エル・おおさか(大阪市中央区北浜東3-14)

■定員/120名 ※先着順、事前申込制

■詳細・申込/http://www.zfssk.com/prg_data/event/EVE_1391421888.pdf

(東京会場)

※東京会場は募集を締め切りました(多数のお申込ありがとうございます)

■日時/2014年2月26日(水)14:30-17:30

■場所/三田国際ビル(東京都港区三田1-4-28)

■定員/70名 ※先着順、事前申込制

■詳細・申込/http://www.zfssk.com/prg_data/event/EVE_1391421906.pdf

厚生労働省・平成25年度老人保健健康増進等事業「福祉用具専門相談員の質の向上に

向けた調査研究事業」の一環としてシンポジウムを開催いたします。

2015年4月施行の介護保険制度の改正では、「福祉用具専門相談員の質の確保」が大きな

テーマとなっています。この流れのなか、2012年4月に福祉用具サービス計画の作成が義務付け

られたことなどを受け、本会では本年度「福祉用具サービス計画作成ガイドライン(仮)」

の策定に取り組んでいます。

ガイドラインについて検討に関わる有識者からお話をうかがうとともに、記載内容等に

対する現場の皆様のご意見を把握するため、シンポジウムを開催します。

ぜひ皆様のご意見をお寄せください。

PDFをダウンロード
[2013/12/27掲載]
■<イベント案内>「第1回福祉住環境サミット」(3/15,16)
来る3月15、16日に、以下のとおり、「第1回福祉住環境サミット」が開催されます。

ぜひご参加ください。

■日時/2014年3月15日(土)12:30〜17:30、16日(日)10:00〜17:00

■場所/大阪大学 豊中キャンパス(大阪府豊中市待兼山町1-1)

■主催/NPO法人福祉環境づくり21、福祉住環境コーディネーター協会、NPO法人ユニバーサルデザイン推進協会

■詳細・申込/「第1回福祉住環境サミット」(申込締切:2月28日(金))

■問い合わせ先/06-6840-6878(NPO法人ラブとよネット)

[2013/12/27掲載]
■<ふくせんレポート>世田谷区講演会(2013.12.20発行)
ふくせんレポート(2013.12.20号)を発行しました。

世田谷区講演会

(1)「介護保険における福祉用具供給の現状と課題〜福祉用具の正しい利用と訪問調査〜」

(2)調査員の生の声〜適正化事業の意義、真にご利用者を支援できる福祉用具サービスを目指して〜

去る11月14日、世田谷区は、「介護保険における福祉用具供給の現状と課題〜福祉用具の

正しい利用と訪問調査〜」と題した講演会を催しました。同区では、介護給付の適正化事業で

「介護保険福祉用具購入に係る訪問調査事業」をおこなっています。講師をつとめたのは、

本会事務局長の山本一志。また、同訪問調査事業にたずさわる調査員2名を招き、実際の訪問調査

について発表してもらいました。

>>くわしくは、「会員専用サイト」をご覧ください。

[2013/12/20掲載]
■速報/介護保険部会「介護保険制度の見直しに関する意見(案)」をまとめる
社会保障審議会・介護保険部会は、12月20日、第54回会議を開催。社会保障審議会が、

厚生労働大臣に答申する「介護保険制度の見直しに関する意見(案)」をまとめた。

既報の通り、当初論点にあがっていた軽度者の福祉用具貸与・販売の地域支援事業化は

見送られ、従来通り、予防給付に位置づけられた。

また、福祉用具の見直しでは、福祉用具専門相談員の質の確保策として、「資格要件の

見直し」「必要な知識の修得と能力の向上」の努力義務の法定化、人員基準への「専門的

知識・経験を有する者の配置の検討」などがあがっている。(原文資料の18、19頁)

【第54回社会保障審議会・介護保険部会資料】

資料1/介護保険制度の見直しに関する意見(案)(2MB)

資料2/介護保険制度の見直しに関する意見 概要(案)(338KB)

資料3/概要資料(略)

資料4/参考資料(略)

PDFをダウンロード
[2013/12/18掲載]
■第8回福祉用具専門相談員実力ランキングテスト ランキングが公表されました。
第8回福祉用具専門相談員実力ランキングテスト(11月17日)の得点ランキングが12月17日(火)より、

公式ホームページ上で公表されました。次回第9回は、2014年5月18日(日)開催予定です。

「福祉用具専門相談員実力ランキングテスト」とは、福祉用具はもとより、マナーや高齢者心理、

介護保険などの諸制度、介護・看護・医療の知識まで、在宅で高齢者にサービスを提供する福祉用具

専門職に必要なあらゆる知識を客観的に評価し、自己啓発につなげるための全国規模のテストです。

福祉用具は高齢者の自立を支援する上で重要な役割を果たします。その福祉用具を扱う福祉用具専門

相談員の資質の向上は社会の要請であり、介護保険制度の見直しでも議論のされているところです。

是非一度ご覧下さい。

第8回得点ランキング:http://fukusen-test.jp/ranking/index.html

《 第8回試験実施概要 》

 開催日  : 2013年11月17日(日)   

開催場所 : 札幌 仙台 東京 静岡 金沢 名古屋 大阪 岡山 福岡(9会場)

申込者数 : 732名

受験者数 : 714名

【お問合わせ】

03-5730-4747(平日 10:00〜18:00 )

ホームページ : http://fukusen-test.jp/

E-mail:info@fukusen-test.jp

主催:福祉用具専門相談員実力ランキングテスト実行委員会

[2013/12/13掲載]
■<ふくせんレポート号外版>第97回介護給付費分科会 傍聴メモ 「消費税取り扱いについて議論〜増税分は基本単位数へ上乗せ、一部の加算にも配慮〜」
ふくせんレポート(2013.12.13号)を発行しました。

社会保障審議会・介護給付費分科会(分科会長=田中滋:慶応義塾大学大学院教授)は、

去る12月10日、第97回会合を開きました。

厚生労働省は会議で、増税分を介護報酬の基本単位数へ上乗せすると共に、区分支給限度

基準額を引き上げる案を提示。議論の結果、分科会は大筋でこれを承認しました。

この他、今年7月に実施した介護事業経営概況調査や、平成26年度の介護事業経営実態調査

などについても議論されました。

>>くわしくは、「会員専用サイト」をご覧ください。

PDFをダウンロード
[2013/11/28掲載]
■<ふくせんレポート速報版>第53回介護保険部会 傍聴メモ 「見直しに関する意見書の素案を検討〜制度見直し論議も大詰め、今回の議論をもとに最終案〜」
ふくせんレポート速報版(2013.11.27号)を発行しました。

社会保障審議会・介護保険部会では、去る11月27日、第53回目の会合が開かれました。

厚生労働省からは、これまでの議論を踏まえた「介護保険制度の見直しに関する意見」の素案が

提出され、この素案をもとに議論がすすめられました。

12月20日に最終の部会が開催され、年明け1月の通常国会に改正法案が提出される予定です。

>>くわしくは、「会員専用サイト」をご覧ください。


PDFをダウンロード
[2013/11/28掲載]
■<ふくせんレポート号外版>九州エリアで「研修担当者合同会議」開催〜研修ポイント制度〜
ふくせんレポート号外版(2013.11.27号)を発行しました。

「九州エリアで『研修担当者合同会議』開催〜研修ポイント制度〜」

福祉用具専門相談員の知識や技術の向上を支援する仕組みは、これまでなかった。そのようななか、

本会が平成25年10月1日から本格スタートさせた「福祉用具専門相談員の研修ポイント制度」。

普及を図るためには、各都道府県ブロックの「研修担当者」による働きかけが不可欠である。

働きかける先は、“福祉用具専門相談員”“研修実施者”“利用者/ケアマネジャー”・・・・・

>>つづきは、「会員専用サイト」をご覧ください。

[2013/11/28掲載]
■<ふくせんレポート号外版>神奈川県ブロック研修会(10/18、11/1)レポ
ふくせんレポート号外版(2013.11.25号)を発行しました。

(内容)

1.「おむつ研修会」開催、理論と実践で学習効果も高く!

田中明子先生(排泄ケア相談処「諒」代表)は、理論編に入る前に、紙おむつを受講者全員に

つけさせ、座学の途中で装着の状態を各自で確認させた。つけていた時間は30分程度だったが、

ほとんどの受講生の紙おむつは外れそうな状態に・・・・・

2.待ちに待った「住宅改修研修会」広い視点で生活の観察を

橋本美芽先生(首都大学東京大学院准教授)は、「住宅改修の前に生活を見ること」を強調する。

改修工事が終われば、生活用品が元の位置に戻される。そこに転倒の要因が生まれる・・・・・

>>詳しくは、「会員専用サイト」をご覧ください。

[2013/11/15掲載]
■<ふくせんレポート速報版>第52回介護保険部会(25.11.14)メモ「予防給付の市町村事業への全面移行、今回は見送りに」
ふくせんレポート速報版(2013.11.14号)を発行しました。

『予防給付の市町村事業への全面移行、今回は見送りに

 〜福祉用具等は予防給付で従来通り、厚生労働省が案示す〜』

社会保障審議会・介護保険部会(部会長は山崎泰彦・神奈川県立保健福祉大学名誉教授)は、

11月14日、グランドアーク半蔵門で第52回会合を開いた。同部会は来年1月の通常国会に向けて、

介護保険制度の見直し案を検討している。厚生労働省は、前回会議(第51回、10月30日)で

福祉用具を含む、すべての予防給付を、市町村事業に移行する案を示していた。しかし、

負担増に対する市町村の不満に配慮し、今回の提案では、予防給付のうち訪問介護、通所介護

のみを市町村に移行し、その他のサービス(訪問看護、福祉用具等)は、従来通り、予防給付

によるサービスとして残す案に修正した。

>>つづきは「会員専用サイト」をご覧ください。

PDFをダウンロード
[2013/11/9掲載]
■<ふくせんレポート号外版>岐阜県ブロック、愛知県ブロック、設立
ふくせんレポート号外版(2013.11.5号)を発行しました。

『ふくせん 岐阜県ブロック、愛知県ブロック、設立』

去る9月27日、岐阜県岐阜市において、ふくせん岐阜県ブロック(長村吉章ブロック長、

株式会社美濃庄)の設立総会がおこなわれました。また、同日、愛知県名古屋市中区に

おいても、愛知県ブロック(岡田剛ブロック長、株式会社五月商店)の設立総会がおこ

なわれました。当日は、副ブロック長の選任や、事務局の設置、研修担当者の選任に

ついて、審議されました。

>>くわしくは「会員専用サイト」をご覧ください。

[2013/11/1掲載]
■第19回「介護労働シンポジウム」のご案内(入場無料)
公益財団法人 介護労働安定センター(久志実理事長)では、今年も

「介護労働シンポジウム」を開催します。介護労働を魅力あるものとするため、皆で考える

機会として、ぜひともご参加ください。

1.日時/平成25年11月14日(木)13:30〜16:30

2.場所/女性就業支援センター(東京都港区芝5-35-3)

3.詳細/http://www.zfssk.com/prg_data/topics/PH1383272178.pdf

4.申込/http://www.zfssk.com/prg_data/topics/PH1383272242.pdf

PDFをダウンロード
[2013/10/31掲載]
■<ふくせんレポート速報版>介護保険部会、予防給付の見直しと地域支援事業で議論〜福祉用具を含む予防給付、地域支援事業への具体的な移行案〜
ふくせんレポート速報版(2013.10.30号)を発行しました。

10月30日、社会保障審議会・介護保険部会(部会長は山崎泰彦・神奈川県立保健福祉大学名誉教授)

の第51回目の会合が開かれました。今回は、現行の要支援者の介護予防給付を、新たに再編する

地域支援事業「総合事業」に移行する具体案が示され、訪問介護・通所介護以外の移行事業

(福祉用具含む)は、現行サービスを念頭に置いた基準を検討する、とされました。

これによると、「総合事業」に移行する介護予防福祉用具貸与・販売は、必ずしも全市町村で行わ

れるとは限らなくなります。

>>詳細は「会員専用サイト」をご覧ください。

PDFをダウンロード
[2013/10/31掲載]
■<ふくせんレポート号外版>「福祉用具の日」記念イベント開催
ふくせんレポート号外版(2013.10.20号)を発行しました。

『福祉住環境コーディネーター協会・ふくせん共催 「福祉用具の日」記念イベント開催』

2013年9月19日、「福祉用具の日」記念イベントが開催された。「福祉用具の日」が

創設されたのは2002年。福祉用具法の施行日にちなんで10月1日を「福祉用具の日」とし、

例年、福祉用具の良さを社会に伝えたいという思いから、様々な普及・啓発活動が行われている。

本年も「福祉用具の日」推進協議会、NPO法人生活・福祉づくり21の後援を得て、国際福祉

機器展の開催に合わせてイベントが行われた。

>>つづきは「会員専用サイト」をご覧ください。

[2013/10/24掲載]
■<ふくせんレポート号外版>HCR2013シンポジウムを開催、“研修ポイント制度”スタートによせて
ふくせんレポート速報版(2013.10.24号)を発行しました。

『国際福祉機器展2013シンポジウムを開催 

10月1日“研修ポイント制度”スタートによせて』

2013年9月18〜20日、国際福祉機器展HCRが東京ビックサイト(東京都江東区)

で開催された。本会は10月1日にスタートする「研修ポイント制度」についてのシンポ

ジウムを9月18日に開催。(中略)開会に先立ち、挨拶にたった岩元文雄本会理事長は、

「より質の高いサービスを届けるには、福祉用具専門相談員の職業能力の開発が非常に大事。

継続的に研修を受講し、その実績・努力を評価する「研修ポイント制度」について理解を

深めるとともに、質問や意見の声をどんどんあげてほしい」と述べた。

>>つづきは「会員専用サイト」をご覧ください。

[2013/10/01掲載]
■研修ポイント制度 福祉用具専門相談員の参加登録スタート!!
「福祉用具専門相談員の研修ポイント制度」

10月1日より、福祉用具専門相談員の参加登録の受付を開始いたしました。

研修ポイント制度の詳細・ご登録については、以下URLからご確認ください。

http://kensyu-point.zfssk.com/

[2013/10/1掲載]
■10月1日・新作DVD発売「福祉用具サービス計画と多職種連携の手引き」
10月1日より、新作DVDを販売いたします。

<新作DVD>

■タイトル/福祉用具サービス計画と多職種連携の手引き

            〜事故防止を視点とした「訪問介護員と福祉用具専門相談員の連携研修」〜

■時間/約20分

■企画・制作/一般社団法人全国福祉用具専門相談員協会(ふくせん)

■価格/2,857円+税(会員価格は2,381円+税)

■申し込み/所定の申し込み用紙に必要事項をご記入のうえ、本会事務局までファックスを送信してください。

⇒ リーフレット

PDFをダウンロード
[2013/10/1掲載]
■第8回福祉用具専門相談員実力ランキングテストのご案内
11月17日(日)全国9会場にて開催

「福祉用具専門相談員実力ランキングテスト」とは、福祉用具に関することはもとより、

マナーや高齢者心理、医療・介護等の制度まで、福祉用具専門相談員に必要な知識を

客観的に評価し、自己啓発につなげるための全国規模のテストです。2010年より毎年春、

秋(5月・11月)に開催され、ホームページ上に成績上位200名による「得点ランキング」

(第1回〜第7回)を公表しています。

2013年4月には、3年間の成績を対象とした初の「総合ランキング」(※)が公表され、

上位者の表彰が行われました。いよいよ、11月17日(日)に第8回が開催されます。

今回より新たに静岡会場が追加、全国9つの会場で一斉に実施されます。是非、ご参加ください。

《 第8回試験実施概要 》

  開催日 : 2013年11月17日(日)   

申込期間 : 9月17日(火)〜11月7日(木)(郵送でのお申込みは10月25日まで)

開催場所 : 札幌 仙台 東京 静岡 金沢 名古屋 大阪 岡山 福岡 (全国9会場)

受験料  : ¥5,000(税込)

【お申し込み・お問合わせ】

03-5730-4747(10:00〜18:00 試験開催日まで土日祭日も受付)

ホームページ : http://fukusen-test.jp/

主催:福祉用具専門相談員実力ランキングテスト実行委員会

PDFをダウンロード
[2013/9/27掲載]
■事務局移転のお知らせ
平成25年10月1日(火)より、新しい事務局に移ります。

移転にともない電話番号、ファックス番号も変わりますので

恐れ入りますが以下のとおり登録を変更していただきますよう

お願い申し上げます。

(新事務局)

〒108-0073東京都港区三田2-14-7ローレル三田404

tel:03-5418-7700 / fax:03-5418-2111

(旧事務局)

〒108-0074東京都港区高輪3-19-20高輪OSビル9階

tel:03-3443-0011 / fax:03-3443-8800

※移転作業にともない、9月30日(月)は電話・ファックスが

不通になることがございます。何卒ご了承ください。

[2013/9/19掲載]
■ふくせんレポート速報版「第48回介護保険部会傍聴メモ」
ふくせんレポート速報版(2013.09.18号)を発行しました。

『介護保険部会、制度見直しで、在宅・施設の各サービスを検討

〜福祉用具の見直し、第一の論点は「福祉用具専門相談員の質の確保」〜』

社会保障審議会・介護保険部会(部会長は山崎泰彦・神奈川県立保健福祉大学名誉教授)は、9月18日、全国

都市会館で第48回会合を開いた。同部会では、8月6日の社会保障制度改革国民会議の最終報告を受け、来年

1月の通常国会に向けて、介護保険制度の見直し案を検討している。報告後3回目となる今回は、在宅と施設

の各サービスについて、事務局が示した「現状と課題、論点」に基づき議論を進めた。

詳細は、会員専用サイトをご覧ください。

PDFをダウンロード
[2013/8/21掲載]
■小島操氏のエッセイ発刊、「在宅生活をめぐる50の物語」
福祉用具の選定・使用相談や、介護支援専門員として長年の経験を持つ小島操氏のエッセイ集、

「在宅生活をめぐる50の物語」が8月30日に発刊されます。福祉用具に携わる方がぜひ

読んでおきたい必読本です。詳細はチラシ(※7MB)をご覧ください。

■書籍名:「在宅生活をめぐる50の物語〜福祉用具を使う人たちのふつうのくらし〜」

■著者  :介護支援専門員 小島操

■出版元:日本工業出版梶u福祉介護テクノプラス」編集部

PDFをダウンロード
[2013/9/13掲載]
■<ふくせんレポート号外版>三重県ブロック設立、会員皆で力を合わせ資質の向上を
ふくせんレポート号外版(2013.9.13)を発行しました。

『三重県ブロック設立、会員皆で力を合わせ資質の向上を』

去る8月9日、全国福祉用具専門相談員協会(以下、本会)三重県ブロックは、三重県津市にて設立総会を

開催した。開催に先立ち挨拶したのは、ブロック長の中川敬史氏(株式会社ライフ・テクノサービス)。

「ブロックの活動を通じて、会員の皆様に“ふくせん”や福祉用具専門相談員の専門性をより理解して

いただけるよう、動いていきたい。研修ポイント制度もスタートしていく中で、よりよい福祉用具供給の

仕組みを築いていくこと、福祉用具専門相談員の認知度を上げていくことが、私たちの仕事。三重県の

会員皆で力を合わせ、業界団体とも連携しながら、資質向上を目指して活動を進めていきたい」と意気込み

を語った。

>>つづきは会員専用サイトをご覧ください。

[2013/9/13掲載]
■<ふくせんレポート>第008号を発行しました
ふくせんレポート第008号を発行しました。

<内容>

1.研修実施者向け「研修ポイント制度」説明会を開催(2013.7.22)

2.平成25年度定時総会(2013.5.30)

3.社会保障審議会・介護保険部会 第45回会合(2013.6.6)

4.バリアフリー2013(2013.4.18・19・20)

5.その他

  ・ブロック活動のご紹介

  ・平成25年度の調査研究事業について

  ・新作DVDのご紹介

詳細は、会員専用サイトをご覧ください。

[2013/9/2掲載]
■ワークショップ(HCR会場)、「福祉用具の日」記念イベント開催のご案内 ※終了しました
※終了しました。多数のご参加ありがとうございました。

来る9月18日(水)〜20日(金)、東京ビックサイトで国際福祉機器展H.C.R.2013が

開催されます。今年もブース出展、初日にワークショップを開催します。

■ふくせんブース 6-22-01(6号館)

■ふくせんワークショップ(参加無料、申込不要)

日時/9月18日(水)11時30分〜12時30分

場所/東京ビックサイト(HCR会場)出展社プレゼンテーション会場B

テーマ/「制度改正後の介護保険、選ばれる福祉用具専門相談員を目指して

     〜10月1日“研修ポイント制度”スタートに寄せて〜」

詳細/こちらをご覧ください

また、10月1日は「福祉用具の日」です。毎年この時期には、福祉用具の良さを社会に伝えたいという思いから、

様々な普及啓発イベントが開催されています。

この思いに協賛し、今年も、福祉住環境コーディネーター(FJC)協会との共催で、記念イベントを開催します。

日時/9月19日(木)14時00分〜16時30分

場所/東京ファッションタウン(TFT)ビル東館 9-A会議室(HCR会場の隣のビルです)

内容/特別講演T「超高齢社会をよくするには!〜大介護時代を迎えて〜」(樋口恵子氏)

   特別講演U「地域包括ケア時代の福祉用具事業〜スキルアップと専門性〜」(東畠弘子氏)

   表彰式「福祉用具専門相談員実力ランキングテスト・総合ランキング上位者」

申込・詳細/こちらをご覧ください。

PDFをダウンロード
[2013/9/2掲載]
■結城康博氏が出演した情報が大学ウェブサイトに掲載されました
介護保険部会委員でもある結城康博氏(淑徳大学教授)が7月26日に出演したBS11「自民党大勝であなた

の負担はここまで増える〜社会福祉政策」の映像が、淑徳大学のウェブサイトに掲載されましたので、

ご紹介します。

http://www.shukutoku.ac.jp/sougou/topics/kyouju_insideout.html

[2013/8/9掲載]
■<ふくせんレポート号外版>ふくせん理事長に岩元文雄氏を選任
ふくせんレポート号外版を発行しました。

<内容>

*第15回理事会を開催、新理事長に岩元文雄氏が就任

*ブロック長会議開催、研修ポイントや研修開催で活発な意見交換

*岩元理事長、就任あいさつで厚労省、関係団体を訪問

*東京都介護労働懇談会が初会合、ふくせんも構成員として参加

『第15回理事会を開催、新理事長に岩元文雄氏が就任』

本会では、7月22日、女性就業支援センター(東京都港区)にて、理事会(12:30〜14:00)、ブロック長会議

(14:30〜15:30)を開催した。開会にあたっては、7月13日に逝去された山下一平理事長のご冥福を祈り、

黙とうがささげられた。理事会では、山下氏の後任として、岩元文雄氏(写真)を新理事長に選任。畔上

加代子副理事長に加え、酒井博人氏も副理事長に選任し、業務執行体制の充実を図った。加えて、事務局

の充実を目指して、新たに企画推進室を設置。初代室長に山下和洋氏(株式会社ヤマシタコーポレーション

代表取締役社長)が就任した。・・・・・・・・続きは会員専用サイトをご覧ください。

[2013/8/9掲載]
■厚生労働省平成25年度老人保健健康増進等事業採択のお知らせ
本会は、厚生労働省老健局に平成25年度老人保健健康増進等事業(老人保健推進費等補助金)の国庫補助を

申請し、採択の通知を受理しましたのでお知らせします。

【1】事業名

福祉用具専門相談員の質の向上に向けた調査研究事業

【2】事業実施目的

 福祉用具サービス計画の作成義務化や福祉用具の高度化等の動きを踏まえ、サービスの担い手である福祉用具

専門相談員の指定講習のあり方の検討、及び「福祉用具サービス計画作成ガイドライン(仮)」の策定を行い、

福祉用具専門相談員の質の向上を図ることを目的とする。

 養成の入り口にあたる指定講習のあり方の検討に関しては、福祉用具サービス計画の作成義務化等を踏まえた

論点整理と見直しの方向性の提示、及び継続学習との接続の強化を目指す。

 また、「福祉用具サービス計画作成ガイドライン(仮)」の策定に関しては、平成24年度調査研究事業で実施

した試験的な分析・評価で「福祉用具サービス計画の記載方法が定まっていない」、「情報収集とアセスメント

の基本プロセスが確立されていない」といった課題が明らかになった。それらを出発点とし、より多くの福祉

用具サービス計画や福祉用具サービス計画だけでは把握出来ない福祉用具サービスの支援経過等について分析

を行うことで、現場の福祉用具専門相談員にとって、実用的なガイドラインを目指す。

【3】事業内容

1. 指定講習のあり方の検討

1.1.指定講習のあり方に関する論点整理

「研修ポイント制度のカリキュラム」(平成24年度調査研究事業で作成)を踏まえ、指定講習修了者のあるべき

姿、身に付けるべき知識・技術、及びその水準に関する論点を整理する。

1.2.指定講習に関する指定講習事業者アンケート調査

福祉用具専門相談員指定講習に対する評価、見直しのニーズ、指定講習への要望(カリキュラム、実施方法、

OJTとの連続性)を把握する。

1.3.指定講習のあり方の検討

「1.1.指定講習のあり方に関する論点整理」、「1.2.指定講習に関する指定講習事業者アンケート調査」を

踏まえ、指定講習の養成目標、及びカリキュラムの見直し案を検討する。

2.1.福祉用具サービス計画等の収集

全国の福祉用具貸与事業所、全国福祉用具専門相談員協会会員へ依頼し、個人情報をマスキングした上で、以下

の帳票類の収集を行う。

・福祉用具サービス計画書

・モニタリング記録を記載した用紙

・ケアプラン

2.2.福祉用具サービス計画の作成実態調査(アンケート調査)

ケアプランや福祉用具サービス計画だけでは把握することが出来ない事例の詳細な情報を収集する。

2.3.福祉用具サービス計画の作成実態の分析・評価

提供した福祉用具サービスの内容に加えて、利用者のアセスメント情報や、支援経過等を含めた福祉用具サービス

の提供実態を把握する。

2.4.福祉用具サービス計画作成ガイドラインの策定

福祉用具専門相談員が参照し、質の高い福祉用具サービス計画を作成することが可能となる「福祉用具サービス

計画作成ガイドライン(仮)」を策定する。

3.報告書の作成

本調査研究事業の結果を取りまとめて、報告書を作成する。

4.各種会議体の設定

4.1.検討委員会の設置・開催

調査事業の推進、成果のとりまとめ等について検討を行う委員会を設置し開催する。

4.2.ガイドライン部会の設置・開催

「2.3.福祉用具サービスの作成実態の分析・評価」における分析結果の解釈、「2.4.福祉用具サービス計画作成

ガイドラインの策定(仮)」の検討・執筆を行う部会を設置し開催する。

[2013/8/7掲載]
■<研修ポイント制度> 研修の認証申請の受付を開始しました! ※第1回の募集を終了しました
福祉用具専門相談員が研修を受講した実績に応じ、ポイントを付与し、ウェブサイトで公表する「福祉用具

専門相談員の研修ポイント制度」。ポイント付与の対象として、認証するための、申請の受付を開始しました。

詳細は研修ポイント制度ウェブサイトをご覧ください。

本制度では、共通の基準でポイントへ換算することで、多様な研修実施者の研修を活用し、福祉用具専門相談員

の受講機会を確保したいと考えています。

研修を実施されている多くの皆様からの申請を、心よりお待ちしています。

■〜8月30日/研修の認証申請の受付

■9月4日(予定)/第1回目の研修認証委員会の開催

■9月5日〜/審査結果の通知

[2013/7/29掲載]
■山下理事長のご逝去に伴い、新理事長に岩元文雄氏を選任
一般社団法人全国福祉用具専門相談員協会(以下、本会)の理事長、山下一平(享年62歳)の死去を受け、

去る7月22日、第15回理事会において、岩元文雄を新理事長に選任しました。また、業務執行体制の充実を

図るため、副理事長畔上加代子に加え、酒井博人も副理事長に選任しました。故・山下一平の思いを受け

継ぎ、研修ポイント制度をはじめ、ふくせんの活動を積極的に展開していく布陣となります。

ふくせん プレスリリースNo.16 (2013.7.22)

PDFをダウンロード
[2013/7/16掲載]
■【訃報】山下一平理事長
本会 理事長 山下 一平 儀 が、平成25年7月13日未明、肺炎のため、享年62歳にて

永眠いたしました。ここに生前のご厚誼を深謝し、謹んでご報告申し上げます。

通夜並びに密葬は下記のとおり執り行います。なお、8月17日にホテルオークラ東京で、

株式会社ヤマシタコーポレーションによる「お別れの会」を執り行います。

         記

■日時/通夜 7月18日(木)18時00分

    密葬 7月19日(金)13時30分

■場所/江浄寺(静岡県清水区江尻東3-6-6)

■喪主/山下 美恵子(妻)

[2013/7/2掲載]
■<参加募集!> 研修実施者への説明会を開催します ※終了しました。ご参加ありがとうございました。
10月から本格スタートを予定している「福祉用具専門相談員の研修ポイント制度」。

来る7月22日(月)、まずは研修実施者に対して、説明会を開催します!

本制度の活用事例や、具体的な申請要件、申請方法等をお話しする予定です。

なお、説明会のあとには、懇親会の開催も予定しております(会費制)。

本会の役員やブロック長も参加を予定しておりますので、意見交換の場として、

ぜひ参加をご検討ください。

説明会等の詳細、お申込みについては、こちらをご確認ください。

<開催日時・場所>

■日時/平成25年7月22日(月)

【説明会】16:00-17:00

【懇親会】17:15-19:00(会費制)

■場所/女性就業支援センター(東京都港区)

[2013/6/20掲載]
■<ふくせんレポート号外版>平成25年度定時総会、結城康博氏記念講演会
ふくせんレポート号外版を発行しました。

『平成25年度定時総会 〜計画書のガイドライン開発や研修ポイント制度の運営等、4つの基本方針を提示』

「平成24年4月から、福祉用具サービス計画書の作成とモニタリングの実施が義務付けられ、我々、福祉用具

専門相談員の専門性を明確にできる環境がととのった。それとともに、福祉用具専門相談員に、十分な経験・

知識・技術が求められる時代がきた」と開会にあたり挨拶を述べたのは、本会理事の岩元文雄氏(株式会社

カクイックスウィング代表取締役社長)。

『<記念講演>専門職の技術向上による保険給付の適正化を主張、高所得者の自己負担についても言及 

 〜淑徳大学教授・結城康博氏』

社会保障・税一体改革の一環で、現在、社会保障制度改革国民会議の議論が進められている。介護保険に

ついては、@「訪問介護における生活援助を外すか否か」、A「軽度者を外すか否か」、B「中・高所得者

の自己負担を2割に増やすか否か」、この3点が次期制度改正の論点になると結城氏は考えている。

★記事の続きは、会員専用サイトでご覧いただけます。

[2013/6/17掲載]
■<ふくせんレポート号外版>研修会レポ「脳血管障害、退院時に福祉用具を導入するポイントは」
ふくせんレポート号外版を発行しました。

「神奈川県ブロック研修会・脳血管障害、退院時に福祉用具を導入するポイントは」

脳血管障害とは、脳出血や脳梗塞、クモ膜下出血などの総称。頭蓋内の血管(血流)の異常により、

脳組織に障害が起こることで発症する。死に至らなくても、運動麻痺や感覚障害、高次脳機能障害等

が生じることが多い。このような方への福祉用具の導入について、清水氏は以下の留意点を挙げる。

・・・(つづきは会員サイトをご覧ください)

[2013/6/13掲載]
■<ふくせんレポート号外版>バリアフリー2013 今、福祉用具専門相談員に求められるもの
「バリアフリー2013 シンポジウム、ワークショップ 今、福祉用具専門相談員に求められているものは」

今年も大阪で開催された総合福祉展・バリアフリー2013。本会もブースを出展したほか、シンポジウム、

ワークショップを開催した。ふくせんで本年度から本格スタートを予定している「福祉用具専門相談員

の研修ポイント制度」。平成24年4月から指定基準に位置づけられた「福祉用具サービス計画」。そして、

この秋から本格化する介護保険制度の見直しの論議。今、福祉用具サービスを取り巻く環境は大きく変化

するとともに、国民から大きな期待も寄せられている。このようななか、福祉用具専門相談員に求められ

ているものは何か・・・(つづきは会員サイトをご覧ください)。

★出展にご協力いただいている「バリアフリー展事務局・慢性期医療展事務局」では、米国最大の福祉

機器・医療機器見本市である「Medtrade2013」と、米国の福祉・医療事情を巡る、視察旅行を企画して

います。詳細はこちらをご覧ください。

[2013/6/7掲載]
■<ふくせんレポート速報版>介護保険部会の傍聴メモ(6月6日)
会員の皆様へ

去る6月6日、社会保障審議会介護保険部会の第45回会合が開催されました。今回の議論をもとに、

社会保障制度改革国民会議に提出する「議論の整理」をまとめる予定です。詳細は会員サイトを

ご覧ください。

[2013/4/25掲載]
■<ふくせんレポート>第007号を発行しました
ふくせんレポート第007号を発行しました。

【1】インタビュー 研修ポイント制度による福祉用具専門相談員の職業能力開発

『“選ばれる”福祉用具専門相談員になる』・・・・・ケアマネジャーの視点から

【2】東京開催 研修ポイント制度普及啓発シンポジウム&タウンミーティング

【3】神奈川開催 講演「研修ポイント制度による福祉用具専門相談員の職業能力開発と

福祉用具サービスの質の向上」

【4】アンケート「福祉用具サービス計画導入による調査結果」

【5】各県ブロック新体制でスタート

詳細は会員専用サイトをご覧ください。

[2013/5/17掲載]
■総会の出席のお願い、ご欠席の場合の委任状送付について
会員の皆様へ

来る5月30日、東京・主婦会館プラザエフにて、平成25年度定時総会を開催します。万障お繰り合わせのうえ

ご出席をお願い致します。また、ご欠席の場合は、別途お送りしている委任状等をお送りください。

1.日時/平成25年5月30日(木) 14:00〜18:00

2.会場/主婦会館プラザエフ 東京都千代田区六番町15番地(別紙地図)

3.内容

【定時総会】 14:00〜15:00  7F「カトレア」

○来賓挨拶/朝川知昭氏(厚生労働省 老健局 振興課長)

○議案審議

第1号議案 平成24年度事業報告案に関する件

第2号議案 平成24年度収支決算案に関する件

第3号議案 定款の変更案に関する件

第4号議案 「福祉用具専門相談員の研修ポイント制度」案に関する件

【記念講演】 15:00〜16:30  7F「カトレア」

講演者/結城康博氏(淑徳大学教授)

演題/(仮題)「社会保障制度改革と介護保険制度の見直しの方向性」

 <ご略歴>

1969年生。淑徳大学社会福祉学部卒業。法政大学大学院修士課程修了(経済学修士)、同大学大学院博士課程

修了(政治学博士)。社会福祉士・ケアマネジャー・介護福祉士。現在、淑徳大学准教授。専攻は社会保障論、

社会福祉学。厚労省社会保障審議会介護保険部会臨時委員など、政府委員及び検討会委員を歴任。著書に

「介護-現場からの検証」(岩波新書)、「介護と看取り」(毎日新聞)など

【懇親会】 16:30〜18:00  4F「シャトレ」 

懇親会参加費    ¥3,000- 

(結城先生も参加して頂く予定です)

4.通知/開催通知は、議案資料とともに発送しております。5月24日(金)までにご返信ください。

(郵送・FAX可)

[2013/3/15掲載]
■<ふくせんレポート号外版>新たに神奈川県ブロックを設立、設立総会を開催
会員専用サイトにふくせんレポート号外版をアップしました。

「ふくせん・新たに神奈川県ブロックを設立、設立総会を開催」

昨年11月15日、新たに神奈川県ブロックが設立されたことをうけ、神奈川県ブロック所属の会員があつまって

設立総会がおこなわれた。

「『地域で選ばれる』福祉用具専門相談員を目指していきたい。」神奈川県ブロック長に就任した北川貴己氏

(株式会社北全取締役福祉事業部長)は抱負を述べた。平成25年度から本格的に始動する神奈川県ブロック。

北川氏は、ふたつのことに力をいれていくという。

・・・・・つづきは会員専用サイトをご覧ください。

[2013/2/27掲載]
■<著書のご案内> 『明解!福祉用具サービス計画の手引き』(筒井書房)
本会理事でもある東畠弘子氏(国際医療福祉大学大学院)が、加島守氏(高齢者生活福祉研究所)と共著で書籍

を出版することになりました。

平成24年4月1日から作成が義務付けられた「福祉用具サービス計画」。25年3月31日には経過措置も終了

します。よりよい計画作成のために、ぜひご活用ください。

『明解!福祉用具サービス計画の手引き』

著/東畠弘子氏、加島守氏

第1章 知っておきたい福祉用具サービス計画の基本

第2章 事例で学ぶ福祉用具サービス計画書の書き方

注文書はこちらです

PDFをダウンロード
[2013/1/30掲載]
■<ふくせんレポート号外版>東京「『福祉用具専門相談員の研修ポイント制度』普及啓発シンポジウム&タウンミーティング開催!」
会員専用サイトにふくせんレポート号外版をアップしました。

「『福祉用具専門相談員の研修ポイント制度』

普及啓発シンポジウム&タウンミーティング開催!」

 本会は、平成24年度厚生労働省・老人保健健康増進等事業の助成を受け、研修ポイント制度の構築を進めており、

去る2012年12月17日(月)、同制度の普及・啓発を目的に東京でシンポジウムを開催した。職能団体である本会は、

福祉用具専門相談員の職業能力の開発・向上に向けた自己研鑽の促進と、個人が評価され、努力が報われる仕組み

づくりを目指す。同年9月26日の国際福祉機器展(HCR)、10月27日の大阪に続く企画の第3弾である。

 当日は、前厚生労働省老健局長・宮島俊彦氏と厚生労働省・宮永指導官による基調講演の後、本事業の委員各氏に

よるシンポジウムを開催、会場からの質問や意見交換など盛会となった。

⇒詳細は会員専用サイトをご覧ください。

[2012/11/26掲載]
■<ふくせんレポート号外版>「『福祉用具専門相談員の研修ポイント制度』普及啓発シンポジウム&タウンミーティング開催!」
会員専用サイトにふくせんレポート号外版をアップしました。

「『福祉用具専門相談員の研修ポイント制度』

普及啓発シンポジウム&タウンミーティング開催!」

ふくせんでは、福祉用具専門相談員の研修受講実績を評価・公表する、「研修ポイント制度」の構築に着手して

いる。厚生労働省・老人保健健康増進等事業の助成を受けてのものだ。相談員が自らの専門性を高め、ご利用者

に質の高いサービスを提供していくためには、職業能力の開発・向上に向けた、相談員の自主的な取り組みが

不可欠である。ふくせんは職能団体として、それらを促す仕組みづくりに努めている。去る10月27日(土)、

研修ポイント制度の普及・啓発を目的に大阪でシンポジウムを開催し、厚生労働省・宮永指導官をはじめ、有識

者の皆様からご意見をいただいた。

・・・・・・・詳細は会員専用サイトをご覧ください。

[2012/12/8掲載]
■国際医療福祉大学大学院 「福祉用具管理指導者領域」院生募集のご案内
福祉支援工学分野・福祉用具管理指導者領域は、公益財団法人テクノエイド協会が認定する「福祉用具プランナー

管理指導者」資格を取得できる唯一の社会人向け大学院コースとして2011年4月に開講されました。

2013年度からは、新たに、論文主体の「福祉用具コース」が設けられ、「福祉用具管理指導者コース」との

選択ができるように改定されました。この入学説明会が1月16日(水)に開催されます。詳しくはこちらを

ご参照ください。

[2012/10/12掲載]
■<ふくせんレポート号外版>公費助成で計画作成状況の実態把握、研修ポイント制度の設計
『ふくせん、公費助成で計画作成状況の実態把握、研修ポイント制度の設計』

福祉用具サービス計画等の経過措置期間も残り6か月を切った。今、福祉用具専門相談員に求められるのは、

新規はもとより既存利用者の計画書を確実に整備することだ。同時に、今回の制度改正の趣旨でもある専門性

の向上に向けて、個々の福祉用具専門相談員の自主的な職業能力開発の取り組みも求められる。そこで本会では、

厚生労働省の平成24年度老人保健健康増進等事業の助成を受け、「福祉用具サービス計画作成の実態把握と効果

検証」、並びに「福祉用具専門相談員の研修ポイント制度設計」の2つの調査研究事業に取り組んでいる。

・・・・・・・続きはこちらをご覧ください。

両事業の委員名簿は以下をご覧ください。

■委員名簿/福祉用具サービス計画作成の実態把握と効果検証に関する検討委員会委員名簿/福祉用具専門相談員の研修ポイント制度設計に関する検討委員会

PDFをダウンロード
[2012/11/7掲載]
■<ふくせんレポート号外版>ケアマネジャーを対象に福祉用具サービス計画の作成研修会を開催
会員専用サイトにふくせんレポート号外版をアップしました。

『<愛知県小牧市>ケアマネジャーを対象に福祉用具サービス計画の作成研修会を開催』

(レポートより抜粋)

参加したケアマネジャーからは、「福祉用具専門相談員がどのような目線で商品を選定しているのかがわかり、

理由付けの深さに改めて感心した」、「導入に対しての目的を明確にすることで、同じ福祉用具でも捉え方が

変わると思った」、「使用環境を整理することで、使用上のリスクが明確になる。それを留意点として共有

することの重要性を理解できた」等、計画書の意義や重要性を感じてもらうとともに、リスク管理等、今後の

活用についてイメージを掴んでもらえる内容となった。

・・・・・・・詳細は会員専用サイトをご覧ください。

[2012/10/12掲載]
■<ふくせんレポート号外版>千葉県でブロック会員総会を開催、ブロック長には畔上氏が再任
会員専用サイトに、ふくせんレポート号外版(2012年10月1日発行)をアップしました。

『千葉県でブロック会員総会を開催、ブロック長には畔上氏が再任』

「3年後の制度改正で福祉用具専門相談員の質が問われます」とは、総会に先立ち述べられた畔上ブロック長の

言葉。「眠っていても取れる資格」と言われてきた福祉用具専門相談員。その福祉用具専門相談員に、平成24年

4月1日から、「福祉用具サービス計画」の作成が義務付けられた。

……続きは会員専用サイトをご覧ください。

[2012/10/4掲載]
■社団法人日本福祉用具供給協会の書籍のご紹介
福祉用具を安全に活用するためのチェックリストや、退院時の福祉用具の活用の手引き等、日本福祉用具供給協会

では、研修や勉強会に役立つ書籍を発刊しています。ぜひご活用ください。詳細はこちらをご覧ください。

日本福祉用具供給協会へのリンクはこちら

PDFをダウンロード
[2012/08/28掲載]
■【NITEプレスリリース】介護現場における介護ベッド等による事故の防止について(注意喚起)
在宅介護が広がる中、家庭での介護ベッド等による事故が発生しており、NITE(独立行政

法人製品評価技術基盤機構)が注意を呼びかけています。

介護ベッド等の事故は、身体機能や認知レベルの低下した方ほど被害が大きく、事故件数も

多くなっています。特に、設置方法に問題がある等、使い始めに発生することが多くあり

ます。

これらの事故を防止するため、NITEでは、特に介護に携わる方への注意喚起を行っています。

各位におかれましても、詳細(こちら)をご覧のうえ、介護ベッド等の安全な利用の普及に

ご協力ください。

[2012/3/31掲載]
■特定福祉用具の種目の告示改正について
標題の件につき、3月30日付けで告示がなされました。具体的な変更内容は以下のとおりです。

詳細はこちらをご覧ください。

【変更箇所】

@「特殊尿器」 ⇒ 「自動排泄処理装置の交換可能部品」

A入浴用「いす」 ⇒ 入浴用「椅子」

 浴槽内「いす」 ⇒ 浴槽内「椅子」

[2012/3/24掲載]
■3月16日付で発出!指定基準の解釈通知など
標記の件につき、厚生労働省より情報提供がありました。指定基準の解釈通知等も含まれています。詳細は以下

をご覧ください。関係者への周知にご協力をお願いします。

なお、会員専用サイトには、解釈通知の福祉用具に関係する箇所を抜粋してアップしています。

■介護保険最新情報Vol.266(前半)介護保険最新情報Vol.266(後半)

[2012/03/13掲載]
■「福祉用具サービス計画」に関する基準省令(指定基準)が3月13日に公布
既報のとおり、2月23日の厚生労働省の担当課長会議で「福祉用具サービス計画」を規定する指定基準の案が

示されていましたが、3月13日付の官報に正式に省令として告示されました。会員の方は、会員専用サイトに

官報の抜粋を掲載していますので、ご覧ください。また、官報のサイトはこちらをご覧ください。なお、官報の

サイトは一定期間を過ぎると、閲覧できなくなります。

[2012/2/27掲載]
■速報/全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議資料の抜粋(24.2.23)
2月23日、厚生労働省は「全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議」を開催し、各都道府県の担当課長等に

対して来年度の事業内容とともに、介護報酬の改定と指定基準の改正内容を示した。この中で振興課からは、

「福祉用具サービス計画」に係る指定基準の改正内容の説明があった。新たな情報としては、既存の指定事業所

については、平成25年3月31日までに全ての利用者の計画を作成する、として経過措置を設けている。また、

計画書の様式は各事業所の任意としながら、本会の「福祉用具個別援助計画書」を参考として示している。

説明資料、指定基準等の改定内容(抜粋)は以下をご覧ください。

■全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議資料(表紙、福祉用具部分の抜粋)

■介護報酬改定関係資料「表紙・目次」改正指定基準/指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準

■改正指定基準/指定介護予防サービス等の事業の人員、設備及び運営並びに指定介護予防サービス等に係る

介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準

■改正解釈通知/指定居宅サービス等及び指定介護予防サービス等に関する基準について

■改正算定基準/指定居宅サービスに要する費用の額の算定に関する基準

■改正解釈通知/指定居宅サービスに要する費用の額の算定に関する基準(訪問通所サービス、居宅療養管理

指導及び福祉用具貸与に係る部分)及び指定居宅介護支援に要する費用の額の算定に関する基準の制定に伴う

実施上の留意事項について

■改正算定基準/指定介護サービスに要する費用の額の算定に関する基準

■改正解釈通知/指定介護予防サービスに要する費用の額の算定に関する基準の制定に伴う実施上の留意事項

について

なお、説明資料、改正基準の内容をまとめた「ふくせんレポート速報版(2012年2月24日発行)」は会員専用サイト

にアップしております。

[2012/02/28掲載]
■会員専用サイトに「訪問介護員との連携研修in鹿児島」の号外をアップしました。
本会では本年度、独立行政法人福祉医療機構の助成を受けて「訪問介護員と福祉用具専門相談員の連携研修」を

行いました。鹿児島県で行った研修会のレポートを会員専用サイトにアップしたので、ぜひご覧ください。

[2012/02/20掲載]
■<ふくせんレポート号外版>ふくせん青森県ブロックで研修会開催!
 去る2月13日(月)ふくせん青森県ブロックで福祉用具サービス計画を学ぶ研修会を開催しました。講師を務めたのは、

ふくせん理事でもある金沢善智氏。当日の模様はこちらをご覧ください。

PDFをダウンロード
[2012/1/26掲載]
■速報!!介護報酬改定を答申、指定基準で「福祉用具サービス計画」の作成規定
去る1月25日、社会保障審議会介護給付費分科会にて指定基準の改正概要が示され、懸案の個別サービスは、

新たに「福祉用具サービス計画」という名称となって義務化が明記され、基本的な事項について示されました。

詳細はこちらをご覧ください。

なお、会員専用サイトでは分科会当日の資料をアップしております。併せてご覧ください。

資料全文は厚生労働省ホームページよりご覧いただけます。

PDFをダウンロード
[2011/12/20掲載]
■ふくせんレポート号外版(2011年12月13日発行)
本会では、独立行政法人福祉医療機構・平成23年度社会福祉振興助成事業の助成を受けて、「福祉用具専門

相談員と訪問介護員との連携研修」を行っています。11月に行った神奈川会場、千葉会場を号外版にまとめ

ましたので、詳しくはこちらをご覧ください。

PDFをダウンロード
[2012/1/13掲載]
■<福祉用具に関するテレビ番組のお知らせ>NHK教育テレビ「福祉ネットワーク」  ※終了しました
利用者・介護者の誤使用など、人的要因による事故が指摘されていますが、適切な選定やモニタリングで事故を

未然に防ぐことができます。番組では、安心・安全な福祉用具利用のための事業者の取り組みや、専門性を向上

するための研修について放映されます。詳細はこちらをご覧ください。

■放映日時/平成24年1月18日(水)20:00〜20:29

(再放送/平成24年1月25日(水)12:00〜12:29)

■URL/http://www.nhk.or.jp/heart-net/fnet (「※福祉ネットワーク」で検索)

PDFをダウンロード
[2011/12/7掲載]
■福祉用具専門相談員スキルアップ講習会「症例別福祉用具の選び方と使い方」のご案内 ※終了しました
来年1月23日、財団法人東京都福祉保健財団主催による、福祉用具専門相談員スキルアップ講習会が開催され

ます。福祉用具の研究開発・普及に携わる望月彬也氏を講師に迎え、高齢者に多く見られる症例ごとの特性に

即した福祉用具の選び方、使い方を学ぶ講習会です。ぜひご参加ください。詳細・申込書はこちら。

■日時:平成24年1月23日(月)9:30〜16:00

■会場:(財)東京都福祉保健財団 15階 多目的室

■テーマ:症例別福祉用具の選び方と使い方

■講師:望月彬也氏((有)望月彬也リハデザイン代表取締役)

■URL:http://www.fukushizaidan.jp/htm/002zigyo/02zigyo_3.html#2

PDFをダウンロード
[2011/12/6掲載]
■介護給付費分科会の実質審議が終了、最終報告で「個別サービス計画」義務化も明記
介護給付費分科会は、来年度施行の介護報酬と指定基準の見直し作業を行っていたが、厚生労働省が示した審議

報告案を11月24日、12月5日の二度にわたって審議。文言の多少の微調整は残しつつも最終案をまとめた。既報

のとおり、福祉用具貸与は、「個別サービス計画」の義務化が盛り込まれている。今後は1月に諮問答申、2月に

担当課長会議で詳細が示され、4月1日には改正指定基準の施行となる予定。なお、12月5日に示された最終案は

こちらをご覧ください。

[2011/11/08掲載]
■<著書のご案内> 金沢善智氏『福祉用具個別援助計画書作成に必要な病気と障がいの基礎知識』(シルバー産業新聞社)
シルバー産業新聞社より、本会理事でもある金沢善智先生の著書「福祉用具個別援助計画書作成に必要な病気と

障がいの基礎知識〜福祉用具専門相談員・ケアマネジャー・ホームヘルパー必携」が出版されました。脳卒中や

パーキンソン病などの病気を取り上げ、原因から病態などをわかりやすく解説、病態に応じた福祉用具選定の

アドバイスが書かれています。福祉用具個別援助計画書作成の際にぜひお役立てください。ご注文書はこちら。 

PDFをダウンロード